プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
博物館ワークショップ“おしえて探検隊!”
2010年7月24日から始まりました、プロジェクトY淀川の集大成、

みんなでつくる淀川大図鑑
-山と海をつなぐ生物多様性-

という、ハンパなく長い名称の特別展(通称:淀川展)ですが、
展示に因んだワークショップが開催されました。

その名も“おしえて調査隊!”。

実際に調査に関わった博物館友の会の会員やスタッフが、
展示室内に小規模のブースを設置し、来場者(特に小人)向けに
採集風景を再現したり、採集してきた生体を展示したり
(注:この特別展では展示しきれなかった生物を是非間近で
観察してもらうということです)、調査のおもしろエピソードなどを
交えながら、ラリー形式で3班をまわるというものでした。

が、しかし、わがプラナリア班は、「プラナリアって知ってる~?」
というところから始めなければならず、持ち時間的に不利!!

「これはそのへんにはいない、大阪では珍しい種類でね~…云々」
などというマニアックな説明でもしようもんなら、ちびっこたちは
確実に立ったまま寝ます!!笑

【プラナリア班ブースでの流れ】
①まず、プラナリアを知っているかどうかを尋ねる。
②プラナリア的な世間話をしながら、顕微鏡の前まで移動。
  (再生するとかたまご(卵殻cocoon)でも増えるとかおなかに口があるとか)
③顕微鏡を覗いてもらい、ナミウズムシD.japonica,アメリカナミウズムシG.tigrina,
  アメリカツノウズムシG.dorotocephalaの拡大写真のどれと似ているかを考えてもらう
  (適宜、出題用の種類を変えた)
④「プラナリアにも外来種がいるんですよね~」とかなんとか言いながら、
白バットにパウチした川底写真を敷いたものの上に小人が片手で
  持ち上げれるサイズの小石を置き、プラナリアを仕込んでおいたものの
  コーナーに移動。
⑤実際に採集に行く時の流れを写真付きパネルを用いて
  大まかに説明し、プラナリアの捕まえ方のコツを伝授♪♪
⑥参加者が同時に複数名いる場合は、どの石の裏にプラナリアが
  いるかを予想して1つずつ選んでもらい、コツに注意しながら
  順番に1人ずつ石をめくってもらう。
  (展示用個体が、石の裏にいると水から引き上げられたり光に曝されることを
学習してバットの底を歩いているためどの石にもいない場合は、その旨を説明)
⑦「これでもうひとりでプラナリア探せるね!!」とか言いながら、ラリーのカード
  (フィールドノート様のカラー写真&プラナリアとつかまえ方の説明付きもの)を配布。
⑧「ちなみに今日見たのはどれでしょう~?」とか言ってさりげなく復習。
⑨「またバーベキューとかキャンプで川行った時にこんなん見つけたら、教えてくださいね!!」
  と、どこまでも軽いノリ且つ多少強引な刷り込み(一応ウケ狙い;笑)。
⑩「次のブースもおもしろいから~」と、初っ端からテンション上げてしまったため
  多少疲れ始めたちびっこたちのモチベーションを上げてから「いってらっしゃい!」と送り出す。

【プラナリア班ブースの組成】
●実体顕微鏡+アーム付きライト各1台:ブース端に設置。プラナリアの形態観察用。借用品。
●長机(低)2本:この上にプラナリアワールドを展開。借用品。
●パネル式カーペット2枚:顕微鏡での観察時、そこに膝をついてもらうか靴を脱いで上がってもらった。
                1枚は予備。
●展示用パネル(いつもの):プラナリアや採集についての説明時に使用。
●フェルト製のプラナリア(いつもの):とりあえずいきもの自体が目立たないものなので、装飾。
●プラナリア生体写真拡大版をパウチしたもの(いつもの):種名の札をつけて、養生テープで
                                    机上に固定し、種類当てクイズに使用。
●透明の小型タッパに入れたプラナリア:顕微鏡用+ブースが混んでるときや保護者の方向け。
●造花用着色ミズゴケ(正式名称不明…):石めくりコーナーの背景として立体的に使用。
2色をグラデーション的に机上に設置。机上を土と見なした。
●造花“雑草”(正式名称不明…):同上。壁との間の机の端に目立たないよう養生テープで固定。
●調査道具:いろいろ並べて用途を書いて展示。持ち時間に限りがあるので口頭での細かい説明は割愛。

【アプローチ】
プラナリア着ぐるみを着た妹か私(別日程ではI上氏)が、ブースへ案内。
もしくはスタッフの方が引率、前振りアリで自己紹介。

記録写真アップせねば。。。



ワークショップに参加して、ワークショップスタッフやサポートスタッフの方と一緒にイベントを
させていただくのは、やはhり私にとっても学ぶことが多く、そして何よりも楽しいです。
やっぱり、こういうことをしながら、でも、常にプラナリアについても最新の情報を取り入れたり
自分で調査や実験をして気になることを確かめながら生きていきたい!!と、思います。
それが私の譲れないものなんだとつくづく思います。どうすれば生活しながら続けていけるのか、
これからも試行錯誤しながらちょっとずつ前進していこうと思います。
[PR]