プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
P.P.三重
 時間の関係であまり期待はしてなかったものの、せっかく三重に行くのだからと、一応プラナリア採集セットと器具類を持参していた。おそらくそのプラナリア根性が伝わったのか、割振られた宿舎の裏には川幅約30~40メートルの川が流れていた。

 この川、鳥類ではサギが多く、チュウサギ1羽にアオサギ3羽を目撃した。魚類ではカワムツやヨシノボリやがおり、紛れてカジカガエルのおたまじゃくしもいた。貝類はサカマキガイ。あとはヒラタドロムシやカゲロウ・カワゲラ・トビケラなどの水生昆虫とヒル類。この雰囲気、生駒の鳴川や京都の岩倉川のよう。ながれてくる水の質は悪くないのに、川底が汚染されている。おらくこの川にもプラナリアは棲んでいると思われるが、見つけることができるのはおそらく1~2匹。途方に暮れそうでも、今回は強力な援軍がいる。中高生5名。単独任務でなくて良かったと思いつつ、ひたすら石をめくる。気分は神経衰弱。一度めくった石をもう一度めくるのは時間の無駄となる為、全て覚えておく。今回の出陣は朝5時。今日もしぜん文化祭があるということはすっかり忘れ去り、みんなではしゃぎまくってしまった。そして案の定、7時過ぎにやっと全長2ミリ程度のプラナリアを1匹だけ見つけることができた。

 そして今回、憧れのニイニイゼミを見ることができた。しかも、大阪のアブラゼミ・クマゼミなど、比にならないくらいいた。1日中鳴いているし、「人も歩けば蝉にぶつかる」といったところで、私も数回彼らのタックルを食らった。せっかく小ぶりで可愛らしいのに、なんかもったいない気がした。
[PR]