プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プラナリアの定義?
 「プラナリアの研究をしています」と言うと、「プラナリアって何ですか?」と訊き返されたりすることがよくある。イモリとヤモリの違いを語るのには慣れていても、こっちはまだ試行錯誤中。

 なので、今から考えることにする。まず、プラナリアの確実な情報について。
 ①高校理科の再生実験に使われることが多い。
 ②サイズは0.5~3cm程度。
 ③分裂で増えることが多いが、有性生殖も行う。
 ④近畿でよく見かけるのはナミウズムシ。
 ⑤大まかにはヒルの仲間で肉食性であるが、
  生きているものの血は吸わない。
 ⑥光に対して負の走行性を持つ。
 ⑦泳ぐ時は裏返しになって泳ぐ。
 ⑧三肺葉性が分化した最初の生き物である。
 ⑨体表は独特の臭気を持つ粘液で覆われている。 
 ⑩顎はなく、身体の中央にあるストロー状の白い咽頭を出して食物を取り込む。
 ⑪排泄器系もあまり発達しておらず、肛門はなく、体表より排泄を行う。
 ⑫主に無性生殖(分裂)で増殖するが、繁殖期(秋頃)になると体内に生殖器官が形成され始    め、有性生殖も行うことができる(有性生殖しかしない種類もいる)。
 ⑬無性生殖の際は、体中央に空いた穴が広がり、分かれる。
 ⑭地域個体差が激しい。
 ⑮乾燥と水質悪化・水温上昇に弱い。
 ⑯冷凍には耐えない。

 更に、個人的に持っている情報及び確実でない情報について。
 ①季節によって下流・上流に移動して水温の
   変化に対応している。
   (この為水温の変化に対する抵抗力が低い)
 
 
      ・ ・ ・ ・ ・

 
 ここまできて、結論が出た。こんなわかりにくいものを説明するのは困難である。よって、解決策は「プロジェクトPというサイトを見て下さい」と応えるくらいである。とりあえず今のところは。

“解り易く簡潔に”が何よりも難しい。更なる試行錯誤が必要だと思われる。この点、まだまだ勉強不足だと思う。
[PR]