プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:project of planaria( 8 )
PP城北ワンド
今日は水温29℃…やっぱり生駒とか箕面の22℃を大幅に上回ってる。しかも、この水温でウジャウジャいてた。サイズは3~10mm

黄色、灰色、灰色まだら、黒、黒まだら、茶色、赤茶色、赤茶まだら…見てるだけでもおもしろいくらい。

ヒルもいてたけど・・・何ビルやろ?茶色で透明がかってて、吸盤は後部のみ…て、わからんね、ヒルは体節とか眼を数えたりしないとあかんし、図鑑は博物館やから。でもタマゴの種類からすると、1種類ぢゃなさそぅ。
…とりあえず、ヒルと寄生虫の虫卵があまりにも似ていることに感動した1日でした★(笑)
[PR]
PP箕面
久々の箕面です〈:  >
戦果は5匹…ギリギリ雨が降り始めるまでに山を下り、恒例のもみじ天ぷら(ゴマ入り♪)を食して帰ってきました。

今日は、川遊びに来た家族連れがカニ探しの為に石をひっくり返した後だったので、目をつけていたポイントでは採集できずでした。。

相変わらず、水生昆虫も上流に集まっていました。ドロムシ類及びトビケラ類(幼)など、限極性の生活範囲をもつムシに関しては、流れの緩い下流では全く確認できませんでした。

他に確認できたのは、ヒラタカゲロウ(幼)、マダラカゲロウ(幼)、コカワゲラ(幼)、カワゲラ(幼)など。いつも通りです。

今回は、緑色プラナリアは見つかりませんでしたが、少し赤めの個体がいました(現在、箕面及び貴船で確認)。

それと、気になったのが、箕面個体ってあんなに背面が黒くて腹面が白やったっけ??てことです。箕面はもう少し茶色っぽかったように感じます。

まだまだ奥の深い生き物のようです。
[PR]
PP枚岡
今日の収穫は約30分で②匹♪♪

前日の夕立のせいか、ミミズやらウマオイやらサワガニやら、普段あのポイントでは見かけない生物の死骸が多かった。

水生生物としては、例年通り、大量のヨコエビ。あの一畳分にも満たない空間の中に、数百匹…異常発生のようにも思えるくらいの繁殖である。
その他の水生昆虫は確認できず。水深は5cm未満水温は平均25℃。

プラナリアが確認されたポイントは叢によって終日日陰となっており、水温も他より2℃低かった。以前も同ポイント付近での生息を確認した。

これからは、プラナリア採集ポイントとそれ以外の水温差、日陰などの環境に着目し、季節に左右されない確実な採集法の確立を考えていきたい。
[PR]
プラナリアの同定法
方法は、調べてみたら先日学校で行なった染色体核型分析の応用のようなものでした。
劇毒物ですが、試薬を入手しないと・・・

①4日以上絶食させたプラナリアをかみそりの刃でギロチン式に切断し、二片をビンに入れて3日間再生させる。
②数日後にプラナリアの再生芽(切り口に再生した部分)を切り取る。
③切断片をピペットで吸い取り10-6mol/l コルヒチン液中に移し1~3時間程度つける。【コルヒチン処理】
④コルヒチン液につけた切断片をピペットで0.1%KCl溶液中にうつし30分~60分程度つける。【低張処理】
⑤切断片をピペットでスライドガラス上にうつし、KCl 溶液をできるだけ吸い取る。4%ギムザ染色液を1、2滴おとし、静かにカバーガラスをかけその上からゴム栓で軽く押す。ピンセットでカバーガラスをはがし、上向けにおく。染色液をカバーガラスとスライドガラスの両方に数滴おとし、5~30分間放置する。【染色】
⑥スライドガラスの上にカバーバラスを元通りにかけ、余分な染色液を吸い取る。上から軽く押す。
⑦徐々に力を加え、場所を変えながら押しつけていく。
⑧封入剤をカバーガラスの端に塗る。
⑨プレパラートを顕微鏡で観察し、染色体を探して本数と形状を調べる。
[PR]
PP城北ワンド
え~、やはりですねぇ、私自身、奴らは同種ではないと思うんですよ。

・・・というのも、どぅですか、これ。

d0064195_4223256.jpg


 肉眼で確認できるほど、白目部分及び耳葉が明瞭、これは個人的な印象ですが、行動パターンもちがう。そして、ここのプラナリアの情報を下さった河合氏も“ここのプラナリアは水温が30℃でも平気で生きている”とのこと。そういうことだったので、私も試してみたところ、30℃でも別になんともない様子。他の国産のは、25℃を上回った時点で免疫力や活動性が落ちたりしていましたが、ワンド産のはそういうこともなく。

 そもそも、ヒルがあれほどいる箇所にプラナリアの個体群を見たこともなかったし、あれだけ濁った生温い水からプラナリアを見つけれたこともなかったし、汚れている川でも、少しでも水が透き通っていて水温の冷たいところならまだしも・・・全く、私の今までの固定観念が打ち砕かれました。

 確かに、私は高校で選択した“自然観察と野生生物の保護”という意味深な授業でワンドについて学んだとき、ワンドは生物の宝庫といっても良いくらいだと、天然記念物や外来種も生息していると聞きました。

 でも、先生はどうしてプラナリアがいることを教えてくれなかったんでしょうね・・まさかいるとは思わないですもんね、プラナリアなんて。当時は、ヤマトシジミが生息しているというだけでも驚いたものでした。

 ということで、高校にその先生を探しにいってみたらPの活動に協力してくれたりなんか・・って、先生は魚屋(魚専門科)なので、乗ってくれないかもです。とりあえず、顧問の先生は転勤されていたので、こちらもちょっと心配です。
[PR]
PP城北ワンド
先日、博物館の方に出向き、学芸員さんにワンドプラナリアの顕微鏡写真を撮影していただきました。

比較の為に一般的に良く見かけるプラナリアも撮影していただきました。

このプラナリア、河川水辺の国勢調査では、ナミウズムシDugesia japonicaとなっていましたが、この外観、やはり怪しいです。

d0064195_16314957.jpg

左:Dugesia japonica   右:Dugesia Sp.?

プラナリアの同定ができる方にお願いしたいところですが、生憎私にそんな権力がないというのが現状です。


↓こちらもご参照下さい。
◆Gen-yu's Files 外来プラナリア◆
[PR]
再チャレンジ
懲りずにまたまたメーリングリストを立ち上げてみました。

気が向いた方は私、管理人までご連絡下さい★ミ
[PR]
正式に。
 え~・・メンバー不定でものスゴくてきとーに活動を行ってきた大阪本部ですが、「我こそはプロジェクトP本部の調査スタッフ!!」とまではいかなくても、「都合が合えば参加しますョ」という方、名乗りを上げて下さい;笑。この言い方も恐ろしくてきとーですが。

 ・・・というのも、自然史ふぇすに出展するにあたり、「だいたい何人くらいで活動してるんですか?」といった質問にはっきり答えたいと思うんですよ(今までは「固定は私だけであとは不定です」と答えてました)。確定は私のほかは2名(F氏・M氏)だと思っていますが、高校卒業前は、かなりの人に調査を手伝っていただいています。それなのに“私だけ”という表現をつかうのはあまりに失礼過ぎますよね。そういうことなんで、宜しくお願いします。

 そして、パソのメールはまだ使えないので、ケータイに送ってもらうかここで名乗って下さいね☆
[PR]