プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:参加イベント( 21 )
サイエンスアゴラ2015
d0064195_2141152.jpg


2015年11月14日~15日に日本科学未来館(東京・お台場)で開催されたサイエンスアゴラにおいて、理科教育研究フォーラム 大阪支部(プロジェクトP)として、ブース出展させていただいてきました!
やっぱりこの場所に立っているのが一番好きです。

当初まったく興味無さそうだった方からいただく「こんないきものいてるんですね!え、ちょっとすごい!来て良かった~。」のひとことが、最上の賛辞です。あの一瞬のために生きてます私…笑。予想以上に大盛況だったプラナリアコーナーは、毎日が“気づけば閉館時刻”でした。

連日ブースに来てくれた某少年の強い希望もあり、2日目の10:00過ぎに急遽開催を決定し、12:30からこっそりスタートした公開実験。

双頭プラナリアを連れて行くにあたり、再生実験の方法について質問があるかと念のため用意していた剃刀と見本用の濾紙が大活躍。近くのコンビニで買い出してきてもらったカップ入りクラッシュアイスの中からなるべく平らなものを選んで使用しました。

来場者のランチタイムであろう時間を狙い、開始時間まで待ってくれていた4名の少年少女のためだけに実験をスタートしました。

既にプラナリアの再生について質問し尽くした彼らの「プラナリアをこんな風に切ってみたい!」という希望を募り、1匹ずつ順番にカット。

私がクラッシュアイスの凸凹に馴れるまで、2度ほど失敗しては再入刀…笑。

切断直後から動き回る頭部も好評でした。

毎年、どう上手く回っても時間が足りなくなるこのイベントにおいて、何名もの方に十数分~累計数時間をこの展示に割いていただけたことは、とてもありがたいことだと思います。
本来は、1回転あたり数分で終わるようにプログラムを組むべきなのですが、来場者のみなさまの飽くなき探究心が私の想像を遥かに超越していました。(子供も大人も着眼点が鋭い方ばかり!)
特に再生実験は私の準備不足による不手際が多く、貴重なお時間を浪費してしまったこと、大変申し訳なく思っております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。すみませんでした。

ブースに来られた方々が過去のサイエンスアゴラでの私たちのプラナリア展示を覚えて下さっていたことや団体名まで覚えていて下さったこと・私のホームページやブログをご存知だったことも、涙が出るほど嬉しかったです(ドライアイなのでなかなか涙が出ません、すみません…笑)。

意外だったのが、「私もプラナリア飼っているんです(いました)。」「プラナリア取りに行ってます(行ったことがあります)。」とおっしゃる方の多かったこと!
いつか、異なるタイミングでブースへお越しになるそんな方々の情報交換の場を提供できれば…と思います。

尚、塗装がすごいと好評だったプラナリアの100倍模型の作製およびスライムを用いた水辺の再現アイデアは幼なじみの久保卓也氏、解剖模型は同級生臨床検査技師である副代表のMなみ氏によるものです。解剖模型は余った粘土とあり合わせの絵具で数年前のイベント直前に急遽作ったものですが、やはり解剖学はそのいきものを理解する上で欠かせないものだと思います。

ちなみに、荷物を軽くしたい遠征イベントで河原を再現したくて私が砂利(レキ)代わりに用いたのは、園芸用の 鉢底石です。落ちたものを踏むと粉々になることだけが難点でした。。
それから、大阪と水の硬度が違うせいなのか、初日はスライムの出来が悪く、使い物になりませんでした。事前のレシピが使えず焦りましたが、スライムブースのお姉さんにアドバイスをいただき、2日目は無事にベストな硬さのスライムができました。ありがとうございました。

(※写真に入ってくれた彼には、許可を取りました。ご協力ありがとうございました。)
[PR]
【募集】サイエンスアゴラのプラナリア写真


サイエンスアゴラ2015プラナリアがいたAa-062ブースの写真をお持ちのみなさまへ

d0064195_2132173.jpg


予想以上に大盛況だったため、ブースの記録写真が3枚しか撮影できませんでした(しかもピンボケ…)。

d0064195_21295839.jpg


急遽開催した再生実験も含め、全体像や私の写り込んでいる写真が全く手元にありません。

もしよろしければ、お手数ですが、下記のメールアドレスに送付または活動記録(当ブログ)のコメント欄に添付いただきたく願います。

何卒、よろしくお願いいたします。


プロジェクトP代表 岡出朋子
(理科教育研究フォーラム 大阪支部・大阪市立自然史博物館 事業WG)
メールアドレス:otomo04pro.p●gmail.com(●を@に変えて送信してください)
[PR]
箕面川で生き物を探そう!!
今日の観察会は、水生昆虫(府大のT田先生)と
プラナリア(私)の2本立てでした。

博物館の月例ハイキングですが、
この寒い時期にそんなに多くは
集まらないだろうと踏んでいたら、
私の予想をはるかに上回り、
76名の参加者が集まりました。
(ちなみにT田さんの予想は正確でした!)

寒い中ひたすら川の中に入って手を突っ込む
という寒中水泳の一種かのようなこの会に…。

この日のために配布用プリントも作ったのに、
完全に部数不足。

プラナリア見つけた人先着10名には
下見の時に撮影したここの川のプラナリア
(ナミウズムシDugesia japonica)の
写真入りカードを進呈!!

とか、

藻類と共生している個体もいるらしいと噂の
緑色個体を見つけた人にはジュース1本!!

とか言ったところ、寒いと言いながらも
おとなこども問わず、石ひっくり返して
探されていました。

箕面のあのポイントはちょくちょく行っているので
ナミウズムシしかいないのは承知の上だったのですが、
やはり私としては外来種の方を普及したいところ。

情報欲しいんで。

個人的には、外来プラナリアは将来的に
在来の貝類や甲殻類の脅威になるだろうと考えています。
なんせ、アクアリウム業界では、弱ったシュリンプや
幼いシュリンプを喰らう害虫ですからね。

外来種がいるような下流域の何と
共同企画すればウケるんでしょうか…

悩みます。。
[PR]
サイエンスアゴラ2010
大学院の研究に専念するようイベント出展禁止令が出ているので、
青森支部に企画運営をお願いし、雑用係として参加してきました!!

私が持参したのは先週末に妹と豊中市の千里川で採集してきた
アメリカツノウズムシとアメリカナミウズムシ、あとは
K保氏に作製していただき博物館での特別展でも展示させて
いただいた拡大模型、あと、裁縫が苦手なため
寝ずに自作(していたら見兼ねた母がほぼ製作…笑)
した着ぐるみですね♪♪

フリーサイズなのと、顔が出せるので1人で動き回れるのが
最大の特徴です。

但し、前から見るとただの不審者かジェダイマスター(スター・ウォーズの)。

そんな格好でお台場の未来館付近をうろついていたもんだから、
写メールの恰好の餌食。



ピロリロリン♪



とかの無断撮影もありましたが、ま、後ろ姿なんで肖像権とかもないやろし、
第一、後ろからだと私のパーツは1つ足りとも見えやしない。。



でも、場所は流石大都会東京!!



「あの…写真撮ってもいいですか?」



と、声掛けていただける方が多かったですv(^_^)

ああなるなら、“プラナリアのプロジェクトP”とか
なんとか適当に書いた襷でも掛けてれば、
もっと宣伝効果上がったやろうに。

とりあえず、不慣れだったため、集客し過ぎて
ブースが大変やったらしい。ごめんねみんな…

いつもイベントやと集客要員としてY田氏か妹あたりを
同行し、自分はブースで対応しているだけだったので、
毎回みんながどれだけ全体を見ながら集客してくれて
いたのかを思い知らされました。



でも気づいた!!




集客も楽しい!!!



でも、関東支部も不在やった上に、私自身が
新しいデータを持っての参戦でもなかったため、
プラスαに欠ける対応しかできなかった気がする…

しかも、関東のプラナリア事情よくわからん!!
具体的な河川名を挙げての説明ができれば
良かったのに、それが出来なかったのは
悔しかった。

あと、自分が全責任を負うわけではないという
少し気軽なモチベーションで参加できたのも、
なんか良い経験になりました。

指示を飛ばしたりブースを上手く回したり、
動線考えて配置替えしたり、トラブルに対応したり、
近隣ブースとも触れ合ったり。

今回の企画運営担当をこなされたA井さん、
本当にお疲れさまでした。
そして、お呼びいただいてありがとうございました。

I川さん、実家に泊めていただきありがとうございました。
そして、変な忘れ物してきてすみません。

あ、S山さんもブースに来てくれました!
時間ない中ありがとぉね。

次はOCAT市民フェスティバルかな~。

…と思いながら、大学院の実験に追われています。

とにかく早く修論終わらせて、
来年はプラナリアの室内実験したいなぁ~。
[PR]
博物館ワークショップ“おしえて探検隊!”
2010年7月24日から始まりました、プロジェクトY淀川の集大成、

みんなでつくる淀川大図鑑
-山と海をつなぐ生物多様性-

という、ハンパなく長い名称の特別展(通称:淀川展)ですが、
展示に因んだワークショップが開催されました。

その名も“おしえて調査隊!”。

実際に調査に関わった博物館友の会の会員やスタッフが、
展示室内に小規模のブースを設置し、来場者(特に小人)向けに
採集風景を再現したり、採集してきた生体を展示したり
(注:この特別展では展示しきれなかった生物を是非間近で
観察してもらうということです)、調査のおもしろエピソードなどを
交えながら、ラリー形式で3班をまわるというものでした。

が、しかし、わがプラナリア班は、「プラナリアって知ってる~?」
というところから始めなければならず、持ち時間的に不利!!

「これはそのへんにはいない、大阪では珍しい種類でね~…云々」
などというマニアックな説明でもしようもんなら、ちびっこたちは
確実に立ったまま寝ます!!笑

【プラナリア班ブースでの流れ】
①まず、プラナリアを知っているかどうかを尋ねる。
②プラナリア的な世間話をしながら、顕微鏡の前まで移動。
  (再生するとかたまご(卵殻cocoon)でも増えるとかおなかに口があるとか)
③顕微鏡を覗いてもらい、ナミウズムシD.japonica,アメリカナミウズムシG.tigrina,
  アメリカツノウズムシG.dorotocephalaの拡大写真のどれと似ているかを考えてもらう
  (適宜、出題用の種類を変えた)
④「プラナリアにも外来種がいるんですよね~」とかなんとか言いながら、
白バットにパウチした川底写真を敷いたものの上に小人が片手で
  持ち上げれるサイズの小石を置き、プラナリアを仕込んでおいたものの
  コーナーに移動。
⑤実際に採集に行く時の流れを写真付きパネルを用いて
  大まかに説明し、プラナリアの捕まえ方のコツを伝授♪♪
⑥参加者が同時に複数名いる場合は、どの石の裏にプラナリアが
  いるかを予想して1つずつ選んでもらい、コツに注意しながら
  順番に1人ずつ石をめくってもらう。
  (展示用個体が、石の裏にいると水から引き上げられたり光に曝されることを
学習してバットの底を歩いているためどの石にもいない場合は、その旨を説明)
⑦「これでもうひとりでプラナリア探せるね!!」とか言いながら、ラリーのカード
  (フィールドノート様のカラー写真&プラナリアとつかまえ方の説明付きもの)を配布。
⑧「ちなみに今日見たのはどれでしょう~?」とか言ってさりげなく復習。
⑨「またバーベキューとかキャンプで川行った時にこんなん見つけたら、教えてくださいね!!」
  と、どこまでも軽いノリ且つ多少強引な刷り込み(一応ウケ狙い;笑)。
⑩「次のブースもおもしろいから~」と、初っ端からテンション上げてしまったため
  多少疲れ始めたちびっこたちのモチベーションを上げてから「いってらっしゃい!」と送り出す。

【プラナリア班ブースの組成】
●実体顕微鏡+アーム付きライト各1台:ブース端に設置。プラナリアの形態観察用。借用品。
●長机(低)2本:この上にプラナリアワールドを展開。借用品。
●パネル式カーペット2枚:顕微鏡での観察時、そこに膝をついてもらうか靴を脱いで上がってもらった。
                1枚は予備。
●展示用パネル(いつもの):プラナリアや採集についての説明時に使用。
●フェルト製のプラナリア(いつもの):とりあえずいきもの自体が目立たないものなので、装飾。
●プラナリア生体写真拡大版をパウチしたもの(いつもの):種名の札をつけて、養生テープで
                                    机上に固定し、種類当てクイズに使用。
●透明の小型タッパに入れたプラナリア:顕微鏡用+ブースが混んでるときや保護者の方向け。
●造花用着色ミズゴケ(正式名称不明…):石めくりコーナーの背景として立体的に使用。
2色をグラデーション的に机上に設置。机上を土と見なした。
●造花“雑草”(正式名称不明…):同上。壁との間の机の端に目立たないよう養生テープで固定。
●調査道具:いろいろ並べて用途を書いて展示。持ち時間に限りがあるので口頭での細かい説明は割愛。

【アプローチ】
プラナリア着ぐるみを着た妹か私(別日程ではI上氏)が、ブースへ案内。
もしくはスタッフの方が引率、前振りアリで自己紹介。

記録写真アップせねば。。。



ワークショップに参加して、ワークショップスタッフやサポートスタッフの方と一緒にイベントを
させていただくのは、やはhり私にとっても学ぶことが多く、そして何よりも楽しいです。
やっぱり、こういうことをしながら、でも、常にプラナリアについても最新の情報を取り入れたり
自分で調査や実験をして気になることを確かめながら生きていきたい!!と、思います。
それが私の譲れないものなんだとつくづく思います。どうすれば生活しながら続けていけるのか、
これからも試行錯誤しながらちょっとずつ前進していこうと思います。
[PR]
大阪自然史フェスティバル2009。
今週末の関西文化の日は大阪市立自然史博物館へ♪♪

当日は、博物館入館料・植物園入場料も無料!!
この機会に是非起こし下さい。

フェスティバルは、講演アリ体験アリ物販アリの大型イベントです。幅広い年齢層の方に、それぞれの楽しみ方をしていただけることと思います。

勿論、プロジェクトPも出展します。今年は淀川をモデルにしたワークショップと物販です。前回大好評だった缶バッジも復活です。数に限りがありますのでお早めに♪

他にも市民団体を多数迎えて70以上の団体が集まるそうです。

雨天決行の室内イベントです。
プラナリア共々、お待ちしております!!
[PR]
水都OSAKAとOCAT市民フェスティバルに出展します。
9月の5連休はイベント三昧です。

今年はプラナリア自体を“魅せる展示”にしようという理念の下、
新しい展示方法を試行錯誤中です。

伝えたいことを去年よりも明確にしていきたいと思います。
少しずつですが、一歩一歩、良いものづくりに向けて準備中です。

水都OSAKA2009 ※大阪市立自然史博物館よりプロジェクトY淀川プラナリア班として。
(おそらく水辺のにぎわいフェスティバル)
2009年9月19~20日
中之島公園内バラ園にて。
最寄り駅は京阪本線及び地下鉄堺筋線「北浜」駅。
同団体で、水質班・甲虫班(ヒメドロムシ)も参加♪♪
ヒメドロムシってプラナリアより小さいです。
不思議なミニミニ対決が行なわれること必至!?笑
自然系団体だけでなく、アーティストなど多数参加の模様。

公式HP
http://www.suito-osaka2009.jp/nakanoshima/index.html


第4回OCAT市民フェスティバル
2009年9月23日
OCAT地下1Fポンテ広場にて。
最寄駅りはJR関西本線「難波」駅(地下鉄各線「なんば」駅より徒歩約5分)。
今年は諸事情により1日だけの参加となってしまいました。
ちょっと寂しいような気もしますが頑張ります!!
[PR]
サイエンスアゴラ2008
11/22~24の3日間に渡り、東京お台場のこども未来館にて、サイエンスアゴラ2008というイベントが開催されました。

大阪本部からは私[一応生態学]と副代表M氏の2人が、愛媛大学と愛知(明城大学)から助っ人のK本氏とS田氏が、青森支部(北里大学)からS田氏[生理学]が、神奈川(東海大学)からK木氏[環境教育学]が、東京(筑波大学)からS山氏[行動学]が参加しました。

各スタッフの研究分野が多彩だったため、当日の質疑応答はかなり充実していたのではないかと思います。



【つづく】
[PR]
かんさい自然フェスタ2008。
11/14~15はかんさい自然フェスタでした。

大阪市立自然史博物館で開かれたこのイベント、開場前から来場者がちらほら。
大盛況でした。
関西自然保護機構の創立30周年記念イベントで、自然環境の保全・保護をテーマにしたフェスティバルです。
市民自然団体などによるブース出展では、いっしょに工作をしたり楽しいゲームを考えたり、さまざまな工夫をこらした企画でみなさんをお待ちしています。また

スタッフは私を含め4人。
(うち一人は交通事故による骨折中のため片足ギブス…)
イベント担当のY田氏も大活躍でした。

両日ともブースに7台の実体顕微鏡を並べ、各種プラナリアの生体を観察していただきました。

看板に使用させていただいたtk4mさんの“ぷらなり屋”のイラストが好評でした。

ところで、キッズプラザのS田さんより、プレゼントをいただきました。
(画像は後日アップロード予定)
ブース出展する際、配布資料散乱防止用の重石として使えそうです♪♪
[PR]
Mission3:アメリカナミウズムシを探せ!
11/8、淀川にて博物館友の会の秋祭りが開催されました。

オリエンテーションやゲームなどを通して淀川に生息する外来種について学ぼうという企画。

当日は博物館実習生の参加もあったので、スタッフの人数はバッチリ。

…ということで、あとの仕事は他のスタッフに任せ、私はプラナリア担当に回りました。

午前中は班ごとに分かれた会員さんたちが、スタッフによる引率の下、要所要所に配置された解説ポイントを周ります。解説は私以外は学芸員さんが行なっていたので、I学芸員の貝類の説明を参考にしつつ、アドリブ。前日シフトを見て初めて、私がプラナリア担当になっているということに気付いたので、持ち時間などの打ち合わせはなし。人手不足だったら別の仕事をしなければいけないとう状況だったので、あまり期待しておらず、準備もしてなかったのです。

とりあえず、アメリカナミウズムシがいたので、半日ほど水の中に浸かってプラナリアを見つけるパフォーマンス+説明をしました。

寒かったですが、実物を見てもらうことができて良かったです(後日発熱が続いたことは言うまでもありません…)。

午後は外来種DE借り物競争。

それぞれ班ごとにお題が書いてあるクジをひき、最も早く指定されたもの全てを持ち帰った班が優勝!というものでした。

但し、お題は見つけ易さでランク分けされた3つの箱から1つずつ、クジをひかなければいけません。

レベル3は見つかりにくいもの。…のハズが、見つからなかったものもありました。担当学芸員の主観による設定(特に動物は日によって難易度が変動する)なので、分野によってレベルがまちまち。基準って一体…。

でも、淀川が外来種の宝庫と言われる所以を肌で実感してもらうには充分な企画だったと思います。

ちなみに、レベル3のアメリカナミウズムシは他に比べてレベルが高過ぎたので、私も参戦。

d0064195_22501884.jpg


3位までには入れず、レアな(?)景品はもらえませんでしたが、なかなか楽しんでいただけたのではないかと思います。
[PR]