プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:参加イベント( 21 )
OCAT市民フェスティバル。
9/20・21と、2日連続でOCAT市民フェスティバルでした。

詳細は追って…と書いたのに、お伝えする余裕がなくてすみませんでした。。

今回は、“プラナリア入り箱庭マグネット”という意味不明な名称で出展。

d0064195_2271249.jpg


生体展示が大盛況!(※写真はオープン前に撮影したものです。混雑時のものは何が何だかわからない写真になっていました…)

d0064195_22104367.jpg


そして、去年の“プラスチックでつくるプラナリア”では小学生以下に偏っていた年齢層が、幼稚園児から御年配の方まで、ぐっと広がりました。

d0064195_22134355.jpg


細かい素材を自分で選んで組み合わせる箱庭方式とプラスチックシャーレが好評でした。“粘土”よりも“箱庭”という文字の方が魅力的だったのでしょうか。

今回の問題点は、組み立てが難しいことでした。来場者はショッピングの合間であるかもしれないことを考慮し、手が汚れないようにと接着は全てスタッフが行なうことにしたのですが、耐水のシリコンボンドは接着力が弱いのです。当初の予定では水を入れて持ち帰ってもらうつもりでしたが、それは後日、各自自宅で行なっていただくことにしました。

とりあえず、今年はクリオネではなく、ナメクジと言われまくりました。生体展示を前面に出した為、直接見た感想をいただけたということだと思います。が!ナメクジって…イメージ悪っ!!

やはりプラナリアを御存知ない方が圧倒的多数を占め、何の仲間かと聞かれた私たちは「ヒルの仲間です。」という説明を余儀なくされました。きっと来場者は、ナメクジみたいなヒルの仲間だと感じたことでしょう。イメージ最悪…笑。

ちなみに、“半分に切ったら2匹になる”とか“口がおなかにある”というのは子供受けが良く、“エサは魚や貝の死骸など”ということに関しては大人受けが良かったです。

そして今年も、プラナリアの認知度は10%以下でした。。

完成例を撮影する人手が足りなかったことが悔やまれますが、、今年も周囲のブースの方にもスタッフの方にもよくしていただき、スタッフ4人という無謀なプラナリア普及&工作教室は無事終わることができました。

最後に、他ブース及び関係者のみなさんからのいただきものをご披露♪♪

お馴染み(?)お絵かき教室開催のtk4mさんからの差し入れ。tk4mさんがマスターを務めるクリュード・オハナは、JR放出駅から徒歩10分、今津公園のすぐ近くです。
d0064195_22233536.jpg


折り紙教室開催、フレンドリーな紙ふうせんの方からの差し入れ。
写真の撮影技術が低くてすいません、実物はもっとキレイです。
d0064195_2231133.jpg


今年はステージ部門(ダンス)出演者の弟さんからの直筆イラストもいただきました。
プラナリア、覚えてくれたかなー?
d0064195_22331945.jpg


来場者のみなさんも含め、本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
第3回OCAT市民フェスティバル!!
なんと、プロジェクトPが今年もOCAT市民フェスティバルに出展します!!

ブース案としては去年同様工作コーナーも考えていますが、ゲームコーナーかクイズを用意して得点に応じたプラナリアグッズをプレゼントするというものも考えています。
より多くの方にプラナリアを知ってもらえたらと思います。
詳細はまた追って発表します。



※ちなみに、本年度の広告写真に三重支部のスタッフが2人、小さく写っています;笑。
[PR]
OCAT市民フェスティバルが終わりました。
2日間に及んだOCAT市民フェスティバルが終了しました。
猛暑の中、本当にたくさんの方々に来ていただき、プラナリアも見ていただくことができ、スゴく嬉しかったし楽しかったです(^_^)v
d0064195_1142082.jpg


プラナリア展示コーナーも好評で、小学生を中心に、当ブースに長時間滞在いただけました。
d0064195_005739.jpg


とりあえず、プラナリアは目を付ければそれらしく見えるのです。
・・・が、意外と力作が多かったので、画像をアップしておきます★ミ
d0064195_103590.jpg

元々、美術(オブジェ専門)をやっていた頃、こどもの作る、こどもの頃にしか作れない、純粋且つ斬新な作品が好きで、小学校の展覧会や幼稚園児の作品展には、度々足を運んで作品作りのヒントをもらっていた私です。
こんなに多くのお子様の作品を見れただけで、テンション上がりまくりでした(笑)

また、他団体で絵画教室を開催していた画家のtk4mさんから「プラナリアすきなんですよ~」と言われて調子に乗った私は、『是非、プラナリアの絵を描いて下さい!!』と、作業中のtk4mさんの手を煩わせ、2作品を描いていただきました“Y(^_^)Y”

スキャナーの調子が戻り次第、アップさせていただく予定です♪
[PR]
ふぇすパート2
OCAT市民フェスティバルへの出展が決定致しました★彡
d0064195_261067.jpg

ちなみに私の博物館外来研究員昇格もほぼ確定です。あとは書類の作成…と、それに続く助成金の申請だけ♪

就職試験と笹川助成の書類締切が同時期なので、余裕なんか全くないのに、めっちゃ楽しくなってきた感じです。
これが私の数少ない長所のうちのひとつですが、ランナーズ・ハイの如く、MAXに忙しくなるとやる気が倍増するんです(V)o\o(V)

でも、頑張れば報われるもんですョ、きっと。1週間に1日しかない休日を、博物館で過ごそうが、文献の日本語訳に費やそうが、私のプラナリアの為ですからね♪♪

私の研究の為に助言してくれる学芸員さんや研究者の方々、そして私を支えてくれるプロジェクトPのみんながいてる限り、私はどこまでも突っ走れる気がします(^一^)v
[PR]
自然史フェスティバル2006
 ブースをお手伝いいただいたみなさま、プロジェクトPのみなさま、自然史博物館のみなさま、アルバイトのみなさま、他ブースのみなさま、お疲れさまでした。

 三重県より遠路遥々お越しの三重支部の御三方及び支部のみなさまには、本当になんと言ってよいのやら・・ぃぇぃぇほんまに。

 まず、ストラップや御守り、コースター等が売れまくり(対して、本部はギリギリ黒字;笑)。更に、顕微鏡操作やプラナリアの解説にも奮闘・・しかも4時起き&往復6時間。有難う御座いましたm(_ _)m

 
 しかも本ブースの応援は支部に止まらず、人遣いの荒い私の指示の下(すいませんほんまに・・・)、本部M氏は夜勤疲れを背負ったまま解説員を担当、会計担当の本部S氏は解説と質問受付までさせられる、他ブースのW・Y両氏は突如営業を任される(前日に初めてお会いしたばかりでした)、じゅにあブース営業担当のY氏にはプロ並みの客寄せを披露していただき、自分の妹にまでも営業をさせ、専属(アマチュア)カメラマンT氏には恐ろしく寒い中宣伝用のイモリの解説を担当していただき・・・and more・・・といった感じです。



 本当にお疲れサマでした。



 で、有難う御座いました。




 今のところ私が気になっているのは、A氏が12日の開店準備の際に御自分で切られた(しかもハサミで…)指の傷だけで。相当疲れてはったんでしょうね、参謀さん。






 ちなみに、客寄せの為に野外展示を行ったアカハライモリCynopsPhyrrogasterもプロジェクトPの“P”を兼ねてたり?笑。
[PR]
★ふぇすの物販部★
え~、三重支部の方から、ふぇすのオリジナルグッズの目録(?)が届きましたので、本部のと併せて紹介させていただきます。


①プロジェクトPストラップ[1個~¥300]三重
今、グルジアで話題(嘘)の天然素材「ヘンプ」を使ったストラップ!勿論100%部員の手編み!
格好良さよりも癒しを重視した仕上がりで、とてもナチュラルな雰囲気。コレを付ければキミも明日からエコ人間だ!
樹脂粘土製のプラナリアマスコット(結構リアルな質感)が何とも言えぬマニアックな雰囲気を表現!
しかも製作段階で着色料を一切使用していないので口に入れても大丈夫!(故意に口に入れないで下さい)
樹脂製なので水にもそこそこ耐える!(故意に水に入れないで下さい)
カラーパターンも幾つか御用意致しております。


②不死身之御守[1個~¥150]三重
安産や合格祈願なんてもう古い!これぞ最先端テクノロジーを華麗に先取りした次世代の御守り!
コレを付ければ細胞内にミトコンドリアに代わる新たな器官が誕生し酸素無しで生きられるようになる訳でも、染色体の端っこのピロピロが短くなる訳でもないけれど、兎に角プラナリアの分裂に肖って不死身になれる(かもしれない)御守りだ!分裂→不死身という発想が貧困だとかは言わないでくれい!
同時発売、無敵の御守り。
カラーパターンも少々あり。


③無敵之御守[1個~¥150]三重
(上記内容に順ずる・・・・・と思います;笑)

④プロジェクトPコースター[2枚~¥100]三重
薄っぺらなコルクの板にハンダゴテで文字や絵を焼いたという、小学1年生の自由工作に勝らずとも勝らない逸品だ!試作は何とかなったものの、ぶっちゃけゴミ化最有力候補だ!
つーかコースター使ってる家なんて見たこと無ェよ!なんて言わずに、明日からはキミんチもコースターを使って友達に差を付けろ!!


⑤プラナリア缶バッチ[1個~¥120]大阪
知らない人に道端で「プラナリアって何?」と聞かれたときの為に、身に付けておきましょう。今回のブース装飾担当の本部代表がデザイン。元美術工芸部員(でも彫立体専門・・)。


⑥プラナリアなしおり[1枚~¥100]大阪
スタッフ総出(?)で製作、今年のふぇす限定商品です。静電気によってラミネート作業に悪戦苦闘。こちらも、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」をモットーに作品を作り続けてきた本部代表がデザイン。そして製作は殆ど部員(M氏・S氏)まかせ・・



以上、こんな感じで頑張りますので、是非御越し下さい。値段の表記に意味深な記号が付いていることにお気づきの方は、会場で「ブログ見ました!値段って○○なんですよね?」とおっしゃって下さい。
次回は(おそらく)展示内容の案内もさせていただきます。
[PR]
宣伝効果に期待
お待たせしました、これが骨格標本の作り方の冊子を好評発売中(完売?増版?詳しくは浦野団員のページへ!)なホネホネ団長画の自然史フェスティバル2006のポスターとバナーです。

d0064195_13303658.jpg
↑よく見て下さい、先頭にプラナリアが!!!(^^)

そしてさらに・・・
d0064195_1641423.gif←←こっちはプラナリアがTOPを独占です♪♪

こういうのは、地味代表プロジェクトPにとってはこの上なく嬉しいことだったりします。去年のNHKさんも、今月末に発売のLマガジンさんにしても、またこんな視聴者に伝わりにくいものをわざわざ選んでいただいて・・

既に私から直にプロジェクトP話をさせていただいた方はご存知かと思いますが、PRは結構派手に頑張ってます。でも、活動は(頑張っているんですが)至って地味です。山に登って川沿いに歩きながらひたすら石をめくっては元に戻す・・の連続です。1日潰しても1匹も見つからなかったり、気長ではない私が続けてこれた理由は不明です。
でも、近場(と言っても遠い…)の調査地は人通りも少なく結構アブナイ場所であることが多く、私はそういう場所が好きなので、半分はギャンブラー(もちろん命懸けです)な性格で乗り切っている気がします。もっとも、人手が足りるときは、大きくて安全な河川での調査が専門ですが。

まぁ、そんな感じだから怪我が多いんでしょう、私は。山で迷わず都会で迷う、山で事故らず都会で事故る・・・私は田舎育ちではないと思いますが、多分アスファルトとかには向いていないんでしょうね。それと、山では気を張り詰めているというのも関係ありそうです。

兎に角、私の調査には健康な身体が必要不可欠なので、今後、気をつけます・・
[PR]
ふぇすのブース
 ・・・ということ(?)で、とりあえずプロジェクトPのブースは大阪本部及び三重支部合同の1つです。若干のパネル展示を考えているので、そろそろ活動風景の写真を用意しないと・・(ちなみに私は写真撮影の才能ゼロです;笑)最近よく行動を共にしている人の中に写真のセンスの良い方がいるので、その辺協力していただこうかと。お心当たりのある方、ご注意下さい;笑。そして、某M氏・T氏を調査ご指名させていただく予定です。
[PR]
★ふぇすメンバー募集中★
 大阪本部では、来る3月11日及び12日に行われる自然史フェスティバル2006の参加メンバーを募っております。現在は私を含めて3.5名(約1名は受験モードに入る為?、未定。)です。
 アクティヴな三重支部に負けないよう、頑張りたいと思います。
[PR]
自然史ふぇすですョ(^_^)v
 2006年3月11~12日、待ちに待った自然史フェスティバル2006が開催されます。プロジェクトPとしての出展も、私自身が団体の代表として出展するのも初めてです。

 このイベントは年に1回以下のペースで行われる自然派団体の祭典で、80団体ほどが集います。
[PR]