プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:プロジェクトY( 10 )
PY高槻~枚方~交野
終わりました、0泊3日枚方の旅。

昨日は標本処理やらで午前2時前までW田学芸員を居残りさせてしまいました…。この場を借りてお詫び致します。

ということで、久々の報告です。また追加訂正するつもりなので、暫しお待ちを。

とりあえず、3連休は3日とも、京阪電車と枚方市のレンタサイクル(試行中)“ひらリン”のお世話になりました。1日200円です。

今回は(今回も?)、普通の神経をもつ人間なら立ち入らないような場所も含まれています。場所によっては急流だったり底が泥質でじっとしていると足をとられることもあったりで、本当に危なかったです。
単にプラナリアを探しに行くだけなら、せめて田んぼ横の水路(田んぼではありません。水路です。ポイ捨てされた空き缶とかゴミの裏にいたりします)とか箕面川(警備さんに注意されかけたことはありますが…)とか城北わんど(環境実験により収穫は左右されますが…)にしておくべきです。
安全第一ですからね!充分気をつけて下さい。特に外来種はそのへんにもいてるものなんで、無理なさらぬよう。

船橋川_樟葉橋付近
アメリカナミウズムシ、アメリカツノウズムシ。

船橋川_大池付近
アメリカナミウズムシ。

穂谷川_穂谷川橋付近
※水が枯渇しており水生昆虫が多少確認された程度である為、要再調査。

穂谷川_尻屋橋付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_淀川流入部
アメリカツノウズムシ、アメリカナミウズムシ。

天野川_公園付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_市大植物園付近
アメリカナミウズムシ、ウズムシの一種(ナミウズムシ?リュウキュウナミウズムシ?)。

淀川_枚方大橋付近
アメリカナミウズムシ。

※アメリカナミウズムシとなってる中にトウナンアジアウズムシが混ざってる可能性があります。また博物館に置き忘れてきたデータと標本を確認しておかないと・・

来週末はOCAT市民フェスティバルに出展するので再来週になりますが、月末はとりあえず三川合流付近の再調査やら寝屋川方面の調査を予定しています。
[PR]
PY箕面川
今日、箕面駅から姫岩までを1時間でクリアしました。
4地点の下見と採集をしながら歩いてです。

確実にプラナリアを見つけるコツが掴めてきたことを実感しました。少年がサワガニか何かを探していた一ノ橋以外は、1分以内に見つけれたので満足です。

8月の実地研修は箕面の予定です。

猛暑の真っ昼間でしたが、長靴越しに伝わってくる川の水の冷たさが心地よかったです♪
[PR]
ホームページを。
今朝も休日なのに5時起きです。
洗濯物を干してから今までずっと、プロジェクトYプラナリア班の公式ホームページの下書きを作っていました。

特に分布図…

なぜか数年前から作っている分布図が見つからないのです。
仕方がないのでフィールドノートから調べて・・・我が家には地図がありません。
そこで、中学校で使っていた社会科の地図帳を開いてみました。

ご想像通り、全く役に立たず、YAHOOのオンライン地図を動員。
そして設定しなおしても尚、キーボードの早打ちについてこれないこのノートパソコン。。。

で、肝心の分布図ですが、はっきり言って、私はillustratorに関しては超初心者です。
このため、プロットをうつことすらできず、最終的には既存の他の班のプロットをコピー&ペースト。・・・情けない社会人です。

とりあえず、今月中には完成させて公開したいと思っているので、よろしくお願いします。
[PR]
第1回研修会 in 博物館
このブログ、更新していなかった割にはたくさんの来訪者がいらしゃるということに気づき、感動です。

最近は某会員制(?)でPのスタッフのみに活動報告を行なっていたのですが、準備期間も終え、プロジェクトY淀川/プラナリア班の研修が始まったこともあり、インターナショナル(?)に情報公開を行なっていく予定です。

・・・ということで、初の研修会(雨天により館内にて模擬同定会を実施)ですが、実に無残な結果となってしまいました。。


まず、あれですね、準備不足。


詰めが甘かったというか、前日の真夜中になってから自転車で博物館に向かい、そこで初めて配布資料を印刷したというところがナンセンスでした(某W学芸員、すいませんでした…)。
普及イベントとは違う責任のある“研修会”を軽く見てしまっていたのかもしれません。


かなり反省。


プレゼンテーションの流れも悪かったので、先日博物館で行なわれた某I学芸員のセミナーにて確認・学習。

・・・なので、次回の7月27日(日)は、もっとしっかりとした、説得力のあるプレゼンを行ないたいと思います。
プロジェクトY初参加でも、他の班と掛け持ちになる方でも全く構いません。

山登り好き・沢歩き好き・調査好き・もちろんプラナリア好きのみなさんも、奮ってご参加ください。
[PR]
御無沙汰です。
お久しぶりです。
かなり久しぶりです。

実は結構活動しているのですが、バタバタしていてなかなか報告できなくてすみません。
職場は土日祝が休日なのですが、最近は休日返上です・・・。

また追って報告していきたいと思いますが、
簡単に言うと、とりあえず今年度は外来種2種と在来種の分布を調べていく予定です。
まぁ、ご想像通り、人手不足です。。

みっちりくまなく調べていこうと思っています。

個人的なものかもしれませんが、外来種の侵出をみていく以上、その地点にその種が生息しているということ以上に、生息していないと言い切ることに全力を注いでいきたいと思っています。

それと、生態学会・動物分類学会・臨床検査技師会に入会しました。
学会ビンボーになりつつありますが、ちょくちょく顔を出せればと思っています。
[PR]
コルヒチンのモル計算
さぁ、計算して下さい。


  ↓  ↓  ↓


Q.1μmol/lのコルヒチン溶液を1サンプルにつき3ml使う時、半年で200サンプル集まった場合に必要な予算はいくらか。但し、コルヒチンはC22H25NO6(1瓶1g〓3000円)である。



A.まず、炭素Cの原子量は12、Hは1、Nは14、Oは16なので、1molのコルヒチンは399gです。1mol/lが399g/lなので、1μmol/lだと399μg/lです。
次に、1回に使う3mlにサンプル数の200をかけて必要なコルヒチン溶液量を求めます。半年で600ml使うことになります。
…ということは、1瓶あれば問題ないので、予算は3000円。ということになります。
[PR]
!!始動!!
昨日のミーティングの報告です(V)o\o(V)
みんなご飯も食べずに夜遅くまでぉ疲れサマでした♪

具体的には、前実験として・・

◆染色液の検討
…ギムザorオルセイン

◆切断部位によるデータ変化の有無
 …再生芽用の断片をできるだけ小さくすれば、残りをホルマリン標本にできる?

◆ホルマリン標本にどの個体を用いるか
 …再生した個体or個体群からランダムにピックアップ

の3つが、事務的なものとしては・・

◆文献の入手

◆コルヒチンの代用品がないか検索
 …今のところ未知

◆マニュアルの作成
 
◆採集データカードの作成
 …内容は決定済み。作成と配布法の検討

◆啓発ポスターの作成
 …キャッチコピーと内容の決定。

などの課題が挙げられました。
秋までには前実験の成果を出せないといけないです。

初期メンバーも④人になったし、暑いけど、頑張ろね(^一^)ノ
[PR]
プロジェクトY
いいかげん、こっちの人間に戻らないと、
秋までに間に合わない・・・

ということで、初期立ち上げメンバーを
設定、来週末はミーティングです♪♪

さあもう病院のレポートそっちのけで
朝から久々に資料を漁っておる次第で
御座います。

愉しいです。ハッキリ言って。
楽ではありません、全く。

・・・毎日実習です。
そっちが本業になるので、
やっぱりマジメにやってます。
勉強だってしてないわけではないです。
医療職なんて、勉強不足が
他人の命を奪うことに繋がるのです。
中途半端にしてられませんよ。

でもまぁとにかく、遊びは終わりです。
再び遊ぶ時間を削ってプラナリアに
没頭する時がやってきました。

気合入れて頑張ります!!

・・・んで、みんなついてきてね★ミ
(ちょっと心配・・笑。)
[PR]
プロジェクトPinY(ピー・イン・ワイ)
ぷろじぇくとPの“企画の一環として”、プロジェクトYの調査に貢献。
これが最適です、表現としては。

だって私は元々淀川派!!(←なんのことかわかりませんが ^^;)
Pが手がけてきたのは淀川水系を中心とする近畿圏での河川調査です。
・・・ということは、別に100%大和川専門にならなくても、
淀川が好きなら淀川続けてもいいぢゃないですか!!
淀川水系はスゴイです。淀川万歳です。ワンドもあります。

だから、余裕が出たらちょっとずつでもPを再開して淀川の調査もしつつ、
大和川の標本の同定。大和川のデータも欲しいですが、仕方ないです。
やっぱりプラナリアは採取もラクではありませんので。
ただ、これで淀川の分も同定すれば、大阪の分布図くらいは
数年のうちに完成させれるかなァと目論んでいます。
死ぬまでには最低限近畿圏の分布図は仕上げるつもりです★ミ

嫁入り道具にもれなくシャーレとプラナリア付き。旦那さんは苦労するでしょうね(笑)
検査室にこもらない検査技師・実験室にこもらない在野研究者になりたいと思います(^^)v
[PR]
≫吉報です(^^)
今秋にプロジェクトPが博物館直属のプロジェクトYに吸収合併されます(私の学校の成績状況によっては延期アリ)…この“吸収”って響きはビミョーですが、遂に研究資金の下りる調査団体になれます♪♪

給料は出ませんが、今まで自己負担したりしていた金額が確実に減ります。

試料をプロジェクトY等で収集してもらい、うちがするのは同定です。(だから交通費も時間も大幅削減)

高い試薬が購入できるし、今まで分布調査をしてきた河川のプラナリアの同定もできて一石二鳥★

今から半年の間に資金を検討し、秋には予算の申請を行ないます。
これで緑プラナリアとか巨大プラナリアの謎が解明できます♪♪


※プロジェクトY…大和川水系の生態系調査団体です。
[PR]