プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:豊浦川の季節消長( 7 )
PP生駒
 はいッ!!行ってきました、久々の枚岡。本日の参加者はF氏・Ss氏・Mk氏・Ms氏と私の5名。今までは単独任務として扱ってきた調査です。でもやはり、人数が多いだけあって、所要時間の割にかなり広範囲を調べることができたのではないかと思います。

 とりあえず、次回からこの調査にはトラップを使用することになりそうです。というのも、一見プラナリアが見つからなくなるこの時期ですが、今回はプラナリア探しの定義に反し、“浮石”でない、要するに川底の砂の中から取り出した石にプラナリアを確認できたので、この季節は川底に潜んでいるのでは?という仮定が有力になってきたからです。

 昨年は「プラナリアは季節によって、若干ではあるものの、生活域を上流や下流に移動する」と仮定して、調べてきましたが、もし潜っているのであれば、水流によってでも石から剥がれ落ちてしまうプラナリアは、捕獲が困難になります。

 ・・・ということで、いつも通りに浮石を調べ、その後トラップを仕掛けてプラナリアがその地帯に生息しているかどうかに重点を置いていきたい感じです。
 ただ、箕面では今まで通りに位置確認だけにしようかなァ・・などと思っていたり。

 最後に、参加スタッフのみなさま、お疲れサマでした。来月からは暑くなるので、水分補給はきっちりできるように心掛けたいです。案内が不十分だったとは思いますが、今後とも、宜しく願います。
[PR]
実はこの時期が・・・
 実を言うと、豊浦川の季節消長において私が最も気になっていたのは、“個体数が急増している時期”でした。そして、私が目星を付けていたのが秋・・・つまり既に出遅れてしまっています。この題目においては全くの個人研究なので、個人の研究において自分自身がどれだけ大事かを思い知らされた数ヶ月でした。

 ・・・とは言っても、仮設は仮説、仮定も仮定。実際は餌となる生物が冬に備えて栄養を蓄えた上に水温低下により動きが鈍くなってくる冬季に入ってから急増しているのかもしれません。というのも、動きが鈍く行動範囲も狭いプラナリアにとって、餌の動きが鈍くなることやそれらの生物が冬眠に入ることは好都合であるように思えるからです。むしろ、秋季では前述の生物は餌を求めて活発に動きまわっているという可能性がないとも言いきれません。
 実りの秋と言えども、それが全生命体において共通した事柄であるとは思えません。ここはひとつ、微生物の季節消長についての文献を読み漁りたいところですが、学校の成績に少々難有りな為、それは卒業後(資格取得後)においておこうと思います。どうせこの調査は長期戦なので。

 再生医療においてプラナリアの生態で解明されていないことは大してあるように思えませんが、そのあたりで研究を始めれば、就職後に1年中プラナリアについて考えながら働くという選択肢もありそうです。これについては嬉しいことに指名がかかっていて、大学の研究室の教授から、プラナリアの細胞死についての文献の検索及び未発表であれば研究をしても良いと言われています。在校生でもない私があの設備を使うことができるのは夢のような話ですが、当然ながら私一人の手に負えるものではないでしょう。思いつきで始めれるものではないと思っています。専門学校の授業の方に余裕が出てくれば、すぐにでも取りかかる予定です。
[PR]
夏バテ・・・
 今週は吾がブログの訪問率が、先週の約半分・・・少々危機感が。

 何より、本日は何かとミス多き日だった。
そもそも、のんびり過ごしたいけど生駒にも行く!なんて予定を立てたのが間違いだった。

 久々に気が済むまで寝たら・・・寝坊!!やばい!昼前だったため、午後から出発することに。昼間は暑いから…などと思ってこれ以上出発を遅らせれば、日暮れまでに山を下ることができなくなる。仕方ない!1日で最も暑い時間帯に急な坂を登ることになるけれど、行くしかない!と、自転車に乗る。

 午後2時、一駅手前でバテる。頭痛、吐気、眩暈・・・最後の一駅が1番しんどいというのに。この距離、平面であればどうということなくても、この角度、60度近くある。その外観は精神的な疲労を促進する。そんな道を自転車を押して登る。くらくらするので、途中、何度も休憩。歳を感じる。

 そして到着後も不運(単なる自己ミス)は続く。虫除けスプレーが空!ブユの繁殖ゾーンな上、ハチの多い箇所でもある。早く切り上げてしまいたかった。虫刺されで痒くて仕方ない。

 が、その数十分後、同じ箇所が痛み出したのには絶望した。おそらくガに刺されたのだと思われる。というのも、過去にガに刺された時と似ているからで、他に大した根拠はない。もしそうだとしたら、「痒み→痛み→痺れ」という順番のはず。案の定その順。

 理解し難い腫れを作りつつ下山、再び自転車に乗る。そしていつも往路は30分かかる例の一駅間を、いつもの如く2分で完走し、帰宅。

 尚、今回より、固定標本は毎回作らないということにした。あの個体数では1匹減らせば鼠算の逆式に減ってしまう。個体数変動に変化を与えてしまうような気がしたからである。
[PR]
本日は快晴
 本日は御日柄も良く・・・山が、山から見える景色が恐ろしく綺麗だった。前回に比べ、プラナリアの確認個体数は3/2倍に増加していた。その上、サイズも大きいものが増え、健康状態もましそうだった(前回見た時は辛うじて生きているという状態だった)。気になったのは前回石の裏に大量にいたはずのヨコエビが、なぜか川底を歩き回っていたことと、ヨコエビの個体数が減少していたことで、カワゲラも確認できなかった。羽化するようなサイズではなかったので、下流に流されていったのかもしれない。

 それはそうと、本日の夏バテ対策は効果覿面だったので掲載する予定だったが、新しいブログを立ち上げている途中なので、また後程。
[PR]
[続]タヌキより単位。              ~枚岡(生駒)での調査との関連~
 活動報告によると、本日の堺市でのタヌキ観察は大成功だったとのこと(ちなみに前回の生駒では空振り)。

 そもそも私が生駒のプラナリアに出逢えたのは、昨年度のこの団体でのタヌキ観察会で枚岡公園に行ったからであり、地図にも載っていない(某_級河川の上流である為)細長い水たまり程度の川にプラナリアがいるなどとは思っていなかった。その地味な川に生息していたプラナリアの個体密度は、私が今まで“プラナリアの宝庫”だと思ってきた貴●川(京都市)のそれを大幅に上回った(但し、あまりの多さに個体数のカウントを行っていない…)。私でも気持ち悪いほど大発生していた。しかし、数ヶ月後に同地点を訪れた時は、1匹足りとも見つけることが出来なかった。これこそ現時点で私が最も調べたいことである。

 春に多数の個体を確認できる川もあれば、秋頃より多数確認でき、春先に確認できなくなる川もある。そうかと思えば1年中確認できたり、夏になるとプラナリアの個体群が上流に移動して生活するという川もある。かつて自然史博物館の質問コーナーのプラナリアの入手法に対して解答したのは紛れもなくこの私(全く職員ではありませんが)。その頃出していたデータでは、「夏になるとプラナリアの個体群は冬に比べて上流に移動して生活する」となっていた。ので、「一度見かけた川であれば1年中捕獲が可能」だという風にお答えした。結論を出すのが早過ぎたと反省している。

 そして、タヌキと書くとキヌタ骨が頭に浮かぶのは、先週解剖学の試験があったからだと思う。
[PR]
約5ヶ月ぶり、感動の再会
 本日、やっと、久々に生駒に行くことが出来た。今日はなかなか充実した1日だった。

 …というのも、まず、いつも通り自転車を駐輪場に置き、階段を上って枚岡神社の鳥居の前に立った瞬間私が見たのは、鳥居下に群がる人々。例によって例の如くバテていた私は、てっきり映画か何かの撮影でもしているのかと思った。しかし雨避けの為のカバーで撮影器具に見えたそれは、よく見ると望遠鏡!あぁ、ナルホド。①鳥居の下から上を見上げている、②ほぼ全員同団体の様子、③あの望遠鏡・・・紛れもなくこの方々は野鳥観察をしている!!でも、私にはドバトとキジバトしか見えない。

 ここは情報収集を・・と通りすがりに話を盗み聞きしていても、会話がマニアック過ぎる。ん?この感覚は確か、ある一件で日本野鳥の会某支部の方々とお会いした時と同じ・・・おそらくこの集団は野鳥の会大阪支部の方々に違いない。などと思っていたら、通りすがりのおじいさんが、望遠鏡の周りの人々に「何を見てはるんですか?」というナイスな質問をしてくれた。返事は「あ~、アオバズク見てるんですよ。(以下略)」。
 
 アオバズク!!猛禽好き(眺めるのが)の私としては、是非とも見ておきたかったので、鳥好きが顔に出ているおじさんに声をかけてみた。「アオバズク見てはるんですか?どこにいてるんですか?」と図々しくも高価な望遠鏡を覗かせていただいた。「こっちが雛でそれよりちょっと上にいてるのが親です。」でも、下から見ただけで親か子かなど、素人の私にはわからない。サイズの違いと色の濃淡がかろうじて判る程度。ここでちょっと確認。「野鳥の会大阪支部の方ですか?」私の直感は正しかった(でも、そのへんの集団があの高価な望遠鏡を大量に持っているとは思えないので、考えるまでもなかった気がする)。その後、巣の場所や毎年観察できるのか等を訊いてから、豊●川へ向かった。

 落ち葉が減っている上に、降雨直後ということもあって前回より水量も多い。少し期待しつつ、石をめくる。うようよいる!・・・ミニサイズのヨコエビが。(おそらくニッポンヨコエビ。但し、同定を試みたが数回に渡って断念。)ちなみに下流には結構生息しているが、この地点にヨコエビが多いと思ったことは一度もない。水生昆虫は、ガガンボと、またもやコカゲロウの1種のみ(水生昆虫の同定は難しいので諦めた)。ガガンボ[幼]も、サイズの割に多かった。1匹だけ半分喰われていたが、残りは至って健康そうだった。前回最も多かったアミカの幼虫は全く見かけなかったが、成虫となって血を吸っているのを見た。私の左腕の。気がついたら虫除けも無視されて、私の脚と腕は蚊に刺されてボコボコになっていた。痒い。
 
d0064195_051443.jpg そんなこんなで梃子摺っていたら、ふとめくった石の裏に、懐かしいものを見た。豊●川のプラナリア!!(右図点線内)。多分私以外の誰にもわからない、私独自の趣味で、私はここのプラナリアが好きだったりする。同じ種(とされている)の生物でも、(おそらく)食物や水質でこんなに形態が違ってくるというのは、とてもおもしろい。一言で言うと、ここのプラナリアはヒルに似ている。つまり、扁平さに欠けるということで、その為に他の地域個体群とは動きにまで違いが見られる。はじめて見た時は、ヒルだと思ってしまったくらい、丸々としている。しかも、サイズが大きい(稀に大きい個体のいる地域もある)。とにかく、可愛い。

 結局、プラナリアは5匹確認した。そして、ヨコエビは数百匹確認した。ヨコエビの数を数える必要がなくて良かったとつくづく思う。
[PR]
倦怠期ではありませんよ!
 最近、某博物館学芸員の和田氏に「プラナリアに飽きてきたんちゃうん~?」と言われました。うぅ・・・ぃぇぃぇ、全く!!寧ろ、早くフィールドに戻りたいです。でも、学校の成績が際どいので、休日に遭難してるわけにはいかないというだけです。

 極度の方向音痴の私が、未だに遭難もせずのらくら生きているのは、ただの運だとしか言いようがない!というのも、酔っていると時々家に帰れないとか、地元で迷子になるくらいの方向音痴なんです。そんな私が地図にも載っていない土地を彷徨っているのは、意外と体力と精神力を使います。
[PR]