プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:プラナリアを訪ねて三千里( 16 )
ミヤマのミヤマ。
ミヤマという場所で、ミヤマウズムシを見つけてきました。
H岡氏の提案でプロジェクトYの調査後に向かった先にて採集。

前回よりも大型でしたが、ナミウズムシは確認できませんでした。



(後日、写真をアップロード予定)
[PR]
数十年前の文献を元にミヤマウズムシを探すの旅。
久々に山らしい山を歩きました。
自家用車がなければとても行けるような場所ではありませんでした。
車を出していただいたH岡氏には、冗談抜きで感謝してます。

ところで、私がそんな山奥まで行った理由ですが、当然、ミヤマ探しです。

ミヤマウズムシ Phagocata vivida

d0064195_21483183.jpg


顔が四角形(上辺が波線上)のプラナリア。
私はまだ写真した見たことがなく、いつか本物を見てみたいなぁと思ってました。

先日W田学芸員にいただいた文献と地図を握りしめ、大阪府某所へと向かいました。

結構歩きましたが、




















いました★











d0064195_21534392.jpg

(個人的にはこの写真が一番気に入ってます)


そして、ヒートアップし過ぎて疲れました。



とりあえず、H公園に続き、某神の奉られている(?)場所のようでした。

ナミウズムシは、約4cm(伸長時)の個体がいました。

プラナリアの神がいるに違いない!!と思ってしまいました。

ミヤマウズムシの数がかなり少なかったので、サンプリングも最小限にしておきました。

生息環境も他種より選り好みが激しいようなので、くれぐれも乱獲は避けましょう♪

ミヤマウズムシは源流部の湧水などが狙い目のようですが、あまり安全でない場所が多いので、特にプロジェクトYプラナリア班の方、調査の際はくれぐれもお気をつけ下さい。
[PR]
PP城北ワンド(仮)
 行ってきました、城北ワンド郡!!
 
 例によって例の如く、不手際があった為遅刻してしまいました・・それでも私を見捨てずに来ていただいたA氏・M氏・T氏・Y氏には、大変感謝しております。・・・んで、許して下さい(笑)

 それはそうと、今日の収穫は、ヨコエビ(淀川の干潟地帯にもいました)、ヒル(同定はまだです)、カゲロウ・ミズムシ・ミミズ?・スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)、サカマキガイ、サカマキガイの卵塊、ドブガイ、巻貝の一種…それと、ボラ(死骸)、カワウ、セグロセキレイ、ハクチョウなんかもいました。



 とりあえず、いたんです、プラナリアが!!



 しかも部分的な大量発生です。200c㎡内にプラナリアが約20匹。個人的には、水質が微妙でプラナリアがギリギリ生息できているというようなところでは、このような生活様式が多い気がします。でも、ここは、棲み分けが激しく、ヒルのいる石にはヒルだけ(いてもサカマキガイくらい)、プラナリアのいる石はプラナリアだけ(巻貝の一種はいましたが)となっていました。

 そんなこともどうでもいい(?)んです。とにかく、ここのプラナリア、何かヘンでした。お話からも、見た目も外来モノではないかと思うんですけどね。今まで地域個体差を見てきた私ですが、こんなに違和感のある個体群に出会ったのは初めてです。麻酔も効きにくく、あまり綺麗な標本にはできませんでした。他と異なるのは、白目の部分が大きくてかなりハッキリしていること、あまり体型が変化しないこと(前後に縮まってシイタケ状になったりしないのです)、麻酔がかかって死にかけで頭部が変形し咽頭まで突出していても、水を替えたら一気に動き出すこと(普通は死んでます)と乾燥にも強い(粘液で作った膜にこもったりせず、そのままで耐えていました)ことが挙げられると思います。

 もし移入種でなくても、亜種になるのではないでしょうか。水温上昇への耐久力試験も行ってみたいですね。生殖器の切片を作るのは難しそうですが、そこは○○検査技師を目指すくらいなんで、是非挑戦してみたいです。まず、もっと文献を集めないと・・・


少なくとも、私はこれをナミウズムシDugesia japonicaだとは認めません!笑
 
[PR]
PP淀川ワンド
 え~、前回のホネホネ三重遠征で三重支部を獲得した私は、調子に乗って今回も支部を増やすつもりでした。・・・が、初の自分でのイベント出展と専門学校での実習のリーダーが重なったことで体力が持たず、残念ながら、懇親会への参加ができませんでした。

 でも、なんとか口頭発表も同世代の方からの反応が良く、ブース自体に来ていただいた方も予想以上に多かったので良かったです。



  ・ ・ ・


 なんて締めくくろうとしていたら、やってきました、良いお話が!!恐らく、私は半分くらい運だけでいきているのでしょう、淀川水系イタセンパラ研究会で出展されていたK氏より、プラナリア情報をいただくことができました★ミ

 K氏はいくつもの淀川環境保全関連の団体に所属しておられる“淀川人”です(・・かどうかは別として)。とにかく、私のプラナリア研究動機と似ていて、淀川の城北ワンドで移入種と思われるウズムシを確認され、指標動物としての役割について疑問をもたれているそうです。


 なので、今週末はこの調査に行って参ります。


 私がこの話に飛びついたのは、最早プラナリアだからというだけではありません。何を隠そう、この城北ワンド郡については高校の“自然観察と野生生物の保護”という科目(学校がバレそうですが…)で学習し、数回に渡ってフィールドワークを行った地でもあるからです。

 ワンドを御存知の方が真っ先に思うことは、「あんなところにプラナリアおんの?」ですね。私は一応淀川の干潟でも調査を行ってみましたが、プラナリアは確認できず、トビムシ・ヨコエビ・ヤマトシジミだけでした。ドブガイだらけのあの水底に生息しているのは、99%移入種だろうと踏んでいますが、楽しみです。

 とりあえず、調査隊を編成してみました。メンバーのみなさま、宜しくお願いします。せっかく人数もいるし、体長の計測を行ってみたいなぁなどと思いつつ。
[PR]
PP新家川
今日は、ふぇすで展示する予定の活動風景の撮影に行ってきました。
プロジェクトP専属カメラマン(?)はカブトムシさんに決定ですね。写真撮るの楽しそうやったし(笑)

写真の出来を見てもらうべく、アップしたいところですが、生憎ファイルが重過ぎたようで、圧縮してみましたが、ギリギリ無理でした。

とりあえず、新家川でプラナリアを見つけることはできませんでした。・・・が、ヒルがいたので、もしかしたら、プラナリアもいたのかもしれません。PPの調査でよく見かけるナガレトビケラ類は全く見つけることができませんでしたが、川底のゴミの溜まり方や川岸の様子より、プラナリアも2~3匹はいてもおかしくない雰囲気でした。小石や砂利で巣を作る類のトビケラやカゲロウが多く、カワゲラは確認できませんでした。コンクリート三面張りの箇所が多い上に水温や気温は京都の貴船川の倍近くの高さで、ちょっとプラナリアには不利な環境だと感じました。雰囲気的には京都の岩倉川と似ていなくもない気がしました。

とりあえず、カブトムシさん、初参加お疲れサマでした★私に目を付けられた以上、諦めてプロジェクトPに携わって下さい(笑)今後とも、宜しくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
PP貴船川
行ってきました、貴船川!・・・やっぱり寒いですね。雪が残ってました。

 久々の調査は結構楽しいものでしたが、想像以上に体力が落ちているというのを実感させられました。しゃがみ込んで行うカウントや不安定な岩の上を移動することが、あんなにも難しく感じるなどとは思ってもみませんでした。

 面白かった(?)こと言えば、箕面や豊浦と違って、ここのプラナリアは時期によって棲む場所を変えたりしないのかもしれないということと(水温ですかね?)、ここの地域個体群はサイズの小さいものばかりだと思っていたのに、春になったせいか(全く根拠はありません;笑)、小さい個体に紛れて大きめの個体もいたことくらいですかねぇ・・・あと、言うなれば、副代表に任命してから本格的なフィールド調査は初めてのM氏が私の約6倍の個体数を確認したことくらいで(ちょっと悔しかったり…)。

 とにかく、こんな感じでふぇすの準備と調査が同時に行えるという一石二鳥コース第一弾は終了しました。余裕があれば、明日、豊浦にも行く予定です。まぁ、平日なんで単独作業ですが。

 
[PR]
P.P.牛滝山
d0064195_19335318.jpg

 先日、用事があって岸和田の方に出向いたので、牛滝川で石をめくってみました…時間がなかったことと気温・水温計を持参していなかったのは残念でしたが、コカワゲラとマルツツトビケラとニンギョウトビケラかヤマトビケラの一種を確認できました。

 あと、恐ろしく人なつこいネコがいました。
[PR]
歩行距離は15㌔以上
 本日は箕面川へ行ってきました。駅から滝まで約30分で到達し、ここまでは順調でした。上手くいけば昼過ぎには帰れるな~…なんて気を抜いていたら、道に迷いました。

 滝から駐車場に向か階段があります。この階段を上り、20~30分歩けば、目的地に着くはずでした。が、その階段の途中でまず、私はあることに気づきました。こんなにはっきり感じたのは初めてです。

 「ん?獣臭?!」

 街中でもないし、ましてやサルで有名だった箕面です。まぁ有り得なくもないですが、明らかに草食獣の臭いです。ブタ、ウシ…といったところ。そして階段を上がったところに、頻発です、サル、イノシシ、シカのフィールドサイン(糞)。よく見ると、タヌキかイタチのようなものも紛れていましたが、サイズがどう見ても大きすぎるのです。そして場所・・ちょうど、タクシーで来た観光客が降りる率の高い場所です。おそらく連日の“大滝ライトアップ”で夕方から来た観光客が餌を撒いたか何かでしょう。そして、例の場所は坂の下に当たるので、観光客がスナック菓子等を落とすと、集まる場所です。どんな理由かは知りませんが、箕面の動物の間で、あの場所が流行の注目スポットのようです。よく目に焼き付けて、歩行再開。キツネ?などと思いつつ歩いていくと、事故死(?)のアオダイショウの干物を発見。でもアリだらけ。虫除けスプレーを噴きつけてみるとアリが散っていったので、アリが去るのを待ってから、持参したビニル袋に入れ、そのまま半日以上連れ歩きました。

 そんなこんなで出遅れたものの、途中、出遅れたという事をすっかり忘れていて、時計を覗き込んだ瞬間、「時間がかかりすぎ!」と、道を間違ったと思いこんで、Uターンしました。が、ルートを変えてみたところ、地図に反して恐ろしく遠回りで、政の茶屋園地で迷子になり、分岐点からの道を反復しまくりました。それでも昼過ぎには到着しましたが、丁度昼だったので、ひとまず休憩。政の茶屋園地内のビジターセンターで立派パなハチの巣の標本を見たり(私はハチがスキなのです…)、剥製の出来栄えをチェックしながら(←煩わしい客・・)過ごしました。そして、職員の方に来る途中に見かけたフィールドサインについて、「キツネっていてるんですか?」と訊いたり、「来年の自然史フェスティバルには参加されないんですか?」と訊いたりしてから、調査ポイントに向かいました。

 その上、川に下りたら下りたで子ども連れのカニを探しているおじさん(おにいさん?)に「何か調べてはるんですか~?」と訊かれ、「プラナリアを探してるんですよ~。あの、理科の実験でよく使われる、切っても切っても死なずに増えるやつです。」と答えると、「あ~、あの黴菌みたいなやつ探してるんか~(納得)」・・・ってオイオイ!黴菌?ばいきん?バイキン??それってなんか別の生命体ちゃいます?アメーバとか。初めてです、黴菌って言われたのは。「ヒルみたいなやつ」とはよく言われますが。

 こういうのが私は意外とスキだったりします。人間っておもろいですねぇ?十人十色ですよほんまに。もぅ、プラナリア探してるのかネタ探してるのかわからなくなってくるくらいです。




 ・・・なんて気を抜いていたら、ケータイを水没させていました。持ち上げると…ほぅらこんなに水々しいんです!!って、2回目です、箕面での水没は。

 調査内容が理論通りで満足はしているものの、冬また行くときはケータイを完全防水していこうと思った1日でした。
[PR]
三重支部の活躍と本部の状況
 三重支部は本当に頼もしい限りで、早速変異個体を見つけてきて下さいました。

 実は大阪では自然史博物館で全国の自然派博物館の友の会会員が集う、友の会サミットというイベントが執り行われており、私は1日中そこの受付に座っていたのです(明日もですが…)。じっとしているのが苦手な私には地獄のようなバイトで、無意味に席を外してうろついたりしていました。

 本日は約60名の参加者がおられました。最東端は神奈川県、最西端は岡山県、最北端は福井県、最南端は奈良県・・・でしたっけね?南端が怪しいですが。

 又聞きですが、自然史博物館での私のプラナリア展示を見た男のコ(?)が「これ、釘なん?」という発言をされたそうです。釘・・・上手い!山田君、座布団5枚!!

 そんなこんなで仕事が終わって三重支部の方からのメールを見た私は即復活、周りの方々も退いておられたであろう勢いでした。「プラナリアを探しに行ってきました」と「緑のプラナリア(?)を発見」というところしか頭に入りませんでしたが、緑色と言われると「ヒル?」などと危惧してしまったりするのです。色の薄い個体で餌の内容に因ってピンクに見えたことはあっても、緑は流石に驚きました。

 「一体何喰ったら緑とかになるわけ??」と頭の中が緑色の食べ物だらけ。

 ゴーヤー?・・は違うなぁ。
 コケ・・・でも喰ったの?
 緑色のカワトビケラの幼虫?(時々見かけます)
 水草?・・消化できんのかどうか。
 わさび…は死ぬな、きっと。
 緑・みどり・ミドリ・ミどリ・・・・・

 結局わからないので、標本にして郵送していただくことになりそうです。そして見て考えます。百聞は一見に如かず、ですからね。





 三重支部の方々に感謝の意を表しつつ、本日はこの辺りで締めたいと思います。
[PR]
武庫川にも箕面川にも!!
 通っている某大学のと、今後訪れる予定の某大学医学部は、どちらも川に行くのに好都合なところにあります。前者は駅を降りたらすぐ武庫川が見えるし、後者は箕面駅の数駅手前です。箕面は昨年度より、夏場と冬場で生息場所が若干変わっている気がするので、変わっているのかどうかの調査に行き始めました。それで、今年も行く予定をしているのですが、冬に手伝っていただいた方が今年は忙しいようなので、サルに気をつけつつ、独り寂しく行ってきます。

というのも、去年の夏、サルに荷物を持って行かれたのです。中身は採集セット等。必死で追いかけて追いついたところ、サルが袋の中身を出し始めました。すぐに人だかりができてしまいました。まずガチャガチャのケース、続きまして…フィルムケース、更にカイロ・・・ん?カイロ?野次馬な人々の頭に「?」マークが浮かんでいました。何せ、猛暑の中、人々は箕面まで避暑に来ていたのですから。散々荷物を散らかした挙句、収穫ゼロのサルは、とぼとぼと山奥に帰っていきました。

しかしそれよりも更にとぼとぼと帰る羽目になったのが私です。人だかりの中荷物を集め始めた私を見て、みなさんご親切に手伝って下さったのです。当時フィルムケース不足に悩んでいた私は、収集癖の賜物であるチョコエッグのケースをフィールドサイン入れとして愛用していたのです。一面に散らばったチョコエッグのケースやフィルムケース。「これ・・・も、ですか?」などと不審に思われながら、撤収作業を行いました。通りすがりのおっちゃんに「えらいねえ」などと言われ(ゴミ拾いと勘違いされている)、もぅ赤面です。同行者にはからかわれるし、プラナリア探しを中断して、そそくさと山を下りました。

冬にはリュックごと川にケータイを落下させて浸水で使えなくなるというアクシデントもあり、箕面川はそんな意味でも思い出深いところです。

他に、滝の下で妹とサワガニを捕まえていたら、向こう岸のおじいさんに急に「おねーちゃんおねーちゃん!ちょっと・・・」等と遠距離で声を掛けられ、採集禁止だと怒られるのかと思っていたら、「いくで!」と、カニが2匹、飛んできました。すごいコミュニケーション法です。「言葉のキャッチボール」ならぬ「カニのキャッチボール」なんて、一生で一度とないでしょうね普通。妹も唖然。近くにいた女のコは「おかーさん、カニ飛んどった!川のな、向こうからこっちに投げて、あの女の人がとりはってん!」混乱気味でした。

・・・懐かしい。そんな箕面川、独りでも楽しんできてやりますよ!朝から行って、鳥でも見てきます。
[PR]