プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:なにわホネホネ団( 5 )
私が留守の間に・・・
 おなじみホネホネ団も、遂に地上波デヴューです。しかも私が活動に参加していない間に・・・若干のショックを受けつつ、次回活動日を心待ちにしています(久々にみんなに会えるので)。また、自然史フェスティバルについての詳細も伺っておこうと思います。

 ついでに、1月には専門学校の方でラットの解剖があります。ラットは白い毛に血液がつくと目立つのであまり好きではありませんが、生体ではないことを祈るのみです。ラットの生体は、現時点で私が最も苦手とする(情が入ってしまう)解剖です。でも、博物学的でなく解剖学的支店から標本を見ること自体はとてもたのしみです。


 自然史フェスティバルも頑張る気満々です☆
[PR]
遠征最終日のはなし
 ・・・他の団員も書いておられましたが、不満だらだらの同室モリゾー団体は、三重しぜんフェスティバルの最終日である2日目、なんと、別の場所に転居していきました。

 でもこの団体を追っ払ってしまう結果になったのは大変偲びなかったです。何せ彼らは今回の目玉、会場である三重こどもの城のチケット制有料団体だったのです。確かに会場到着の瞬間から友好的にはなれなさそうでしたが、場所を変えろと言われた時は流石に・・・ねぇ。確かに会場は科学系が中心のようで、骨格標本はさっぱり見かけませんでしたが、こっちは大阪から長距離遠征してきてるんです。私は4時起きで出発したんです。それが、「臭いもあるし…」「子どもが泣き叫んだりしたら困るので…」ですか?

 ちなみに言っておきますが、非日常的なものを見た時に動揺したり怖がったりするのは、大人だからです。先入観があるからです。子どもは純粋にものを見ることができます。だから人間は知識を得ることができるんですよね。

 それにこっちも滴る血に舌なめずりをするような団体ではなく、制作した標本は全て博物館に寄贈している正式な団体です。そりゃモリゾー団体のお客様はお子様とその保護者でしたけど、誰も臭いに文句は言ってなかったです。そして2日間、親子連れの方は多数来られましたが、1人足りとも泣かれたお子様はおられませんでした。むしろ、子どもが関節の仕組みや死体が標本になることの素晴らしさ興味を持ち過ぎて驚いている保護者の方が多く、入ってきてすぐに逃げてしまったお子様は、私の知る限り3歳くらいの女のコ1人だけでした。でも、硝子張りのドア越しにこっちを見ていたりして、泣き叫ばれたりはしてません。
 残念だったのはモリゾー団体に逃避されたことで、いやがる人にこそ、実際を見てもらいたかったです。現実は思っているほど残酷ではないのです。学術なので。でもまぁ、2日目は結構混雑したのであの部屋を、貸し切りにしていただけたのは有り難かったです。

とにかく、サンショウウオセンターやその他様々な団体と交流できて良かったです。
[PR]
遠征初日、無事終了!
 三重に來ました!しぜん文化祭2005、初日は啓発活動はバッチリですが、物品販売が今ひとつ…

 そして私の頭骨レプリカの売れ行きは…売れず。というか、物品販売をしている団体自体が稀…

 浦野団員の鳥講座と団長のタヌキ剥き実演は好評でした。私は物品販売のセールスやプロジェクトPの勧誘に尽しました。結果、プロジェクトP三重支部ができそうな雰囲気です!

 今日は出だしからモリゾーの団体とトラブルを起こしましたが、他の団体は案外好意的で良かったです。

 大阪で留守番組のホネなみなさま、本日の活動、お疲れさまです。

 それはそうと、三重の田んぼでかかしの代わりにマネキンの首だけを棒に突き刺して使っていたのは、最高でした。あれは多分カラス避けではなくヒト避け…さらし首の刑にしか見えません。
[PR]
明日は三重遠征!!
 遂に明日!!!・・・なのに、眠くて眠くて仕方ないです正直。先週と今週合わせたところで、合計24時間も寝てません(夜は)。明日の4時起床が、ちょっと心配です。

 でもまぁ…2日間、精一杯ホネってきます!そしてなにわホネホネ団を更に広めてきます!!

“更に”というのは、今春、私が滋賀にある琵琶湖博物館に行った際、(3月のプロジェクトP比良ツアーはモロコ釣りもスケジュールに入っていたので)下調べも兼ねて、スタッフの方に話を伺っていたところ、私がそのへんの大阪人ではないと勘付かれたらしく、「何か研究とかされてる方なんですか?」と訊かれました。当時はプロジェクトPもただのプラナリア探しに近かったので、その件にはあまり触れず、「それと、“なにわホネホネ団”っていう骨格標本制作団体に入ってます。」と言うと、「ホネホネ団の方なんですか!!」と、相手の方は吾が団のことを御存知でした。その後意気投合してホネづくり話で盛り上がっていたら、人だかりができてきたので、御礼を言って別れました。

 何せ、そのスタッフのお姉さん、展示の説明が担当のスタッフの方(学芸員ではないらしい)だったので。


 琵琶湖博といえば、是非オススメのものがあります。滋賀県小中学校教育研究会理科部会が編集を行っている、“自然観察シリーズ”(価格:500円)というものです。図が沢山掲載されていて、例えば滋賀の水生昆虫編ではとても細かい同定法が解りやすく書いてあり、難しいカゲロウやカワゲラの勉強に使っています。

 大阪の博物館でも、こういう冊子を作って売り出してくれればいいのに…と思います。平生個人的にカラー出版物が多いと感じている、きしわだ自然資料館さんを御指名したいところです。
[PR]
ホネホネ団、三重遠征!!
d0064195_2326085.jpg この度、ホネホネ団がしぜん文化祭2005で展示&実演スペースを戴きました。詳細は主催兼会場である三重県立みえこどもの城http://www.mie-cc.or.jp/をご参照下さい。ホネホネ団は「解剖&骨格標本制作&皮なめし実演」をさせていただきます。尚、私はマヌケ代表なので(…というか眼鏡が必要な視力のくせに眼鏡をかけていない)、私は奥の方に隠れている予定。団員の特異さ(笑)は、団長のみにとどまらず、団員もスゴ腕の集まり。なのに私だけ…

 物品販売に関して言えば、私のオススメは某団員の骨格切り絵…あれはスゴイ!!骨格標本制作法の冊子(団長作)も販売します。でもまぁ、一番のオススメは、私が時間と労力の全てを注ぎ込んだ“モルモットの頭骨レプリカ(石膏)”。今回に限り、特価販売させていただきます。学校の講義が終わってから高校に通い詰めて石膏像専攻の先生にアドバイスをもらいに行き、高校が閉まるまで居候してしまったり、高校に試作品の鋳型と骨を放置してきてしまったり、鋳型ができてホッとしていたら、型をとった元の骨格標本を落下させて割ってしまったり、ほんまにいろいろ迷惑かけました。すんません。今は勉強部屋が石膏まみれになってしまっていて、親もうんざりしているようです。

d0064195_2151289.jpg

 それなのに、私の石膏レプリカは、完璧なレプリカではないのです。何せ大阪から三重まで電車と車で輸送するので、強度の問題が重要視されるのです。途中で壊れないことが絶対条件です。が、薄く湾曲する頬骨は、長距離移動の衝撃に耐えることが不可能です。歯科用石膏を使えば割れないものが作れるということも、ホネホネ団顧問の方に教えていただいたのですが、加工の容易さから、工作用石膏を選びました。そして、鋳型から眼窩(眼がはまっている窪み)の部分を外し、石膏を流し込んでから、彫って窪みをつけました。そして、頬骨弓を分厚くしました。他に、強度の関係で、頬骨に開いている孔を閉じました。ちょっと残念です。

 とにかく…盛り上げて行きます!隣のブースの“おがくずで作るモリゾーとキッコロ”のみなさん、仲良くして下さいネ☆
[PR]