プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:徒然なるままに…( 14 )
生態学会盛岡大会。
盛岡に着きました。
岩手のプラナリアを見ておきたかったので、早速中津川(中の橋付近)にて採集を試みましたが、空振り。
腕章付けていたので怪しまれはしなかった(?)ものの、通行人の県民の方々に同情されただけでした。
ちなみに、増水しているのか、かなりの急流。

水深:約1m
川幅:約5m
気温:11℃
水温:2℃
備考:カゲロウ・カワゲラ類を確認(ヒラタドロムシは確認していない)

メダカサイズの魚は、あれ、カダヤシでしょうか?
網も何もなかったので捕獲できず。
素手で頑張ってみましたが、川の冷たさに心が折れて、やはり捕獲できず。
ちょっと勉強し直さないといけませんね・・・

ところで、今の私は旅行者気取りの割とオシャレな格好(をしているつもり)ですが、スーツケースを開けると調査着や長靴を始めとする調査セットが出てきます。

会期中、プラナリアに出会う機会はあるのでしょうか。。。
[PR]
性分化のちがい
過去に、“脊椎動物というものは元は全てオスまたはメスの構造を有しており、出生及び孵化までに、性ホルモンの働きによって各々の性別となる”という文献を見かけたことがあります。

その文献によると、魚類、両生類、爬虫類、鳥類に関しては元が全てオスで、メスの遺伝子をもつもののみが女性ホルモンによって女性化するとのことでした。
また、周知の通り、ヒトを含む哺乳類はその逆です。

ちなみに、ぉ気付きかと思いますが、この話題、雌雄同体のプラナリアは論外です;笑。

以上、かつてプラナリアについての文献を読みあさっていた頃のメモ書きからの引用でした(V)o\o(V)
[PR]
宣伝効果?
明日は京都の貴船川に調査に行ってきます。例年と比べて半月ほど遅い時期になってしまいましたが、行くしかないので行きます。おそらく3月中は調査ポイントで1匹も見つからないということは無さそうなので。

統計学を少し学んだので、余裕があれば、統計学的に有用なデータのとり方をしてこようと思います。


それはそうと、最近ほぼ毎日10名を上回る方々が我がブログを訪問して下さっているようです。有り難い事です。ホネホネ効果かフェス効果か、恐らく検索でひっかかるのでしょう。この私色の濃いブログ、訪問者が増えると流石に反感をもたれる方もおられるのではないか(おられるでしょう)と心配していたりします。そういうのはコメント発言していただいて構いませんが、私の発言がなにわホネホネ団及びジュニア自然史クラブの方針と必ずしも一致しているとは限らないので、その辺り、ご了承願います。
[PR]
解剖実習
 本日、私の通う専門学校で、1日がかりのラットの解剖実習がありました。各5~6人の実習班にラットが雌雄1組与えられました。先生を始めクラスのみんなは、まさかホネホネ団な私が解剖実習を恐れていたとは思いもよらなかったでしょう・・・何せ私は蚊も殺せないくらいなんで。

 麻酔をかけたラットは、ホネホネ団で扱うような冷凍の死体ではありません、私が殺すことになるわけです。特に白ラットは動脈を切ると目の色が脱けていくし毛が血に染まります。そして何より、私のメスの動きに反応するんです、当たり前ですが。でもとにかく麻酔がよく効いているうちの方がラットに与える苦痛は少ないはずだと自分に言い聞かせ、メスを動かすこと数分、腹部の皮を開いているうちに、恐らく前肢の付根で動脈を傷つけたようで、出血がありました。今まで血管を気にして解剖を行なったことはなかったので、これには結構面喰らいました。続いて、大動脈付近の脂肪を除去しているうちに、心膜を突いてしまい、再度出血(心嚢液)。それでも大動脈弓の分岐と肺静脈の合流地点を美しく遺し、無事心臓を摘出しました。

 そして、つでに気管と肺も摘出してみましたが、同じ実習班のメンバーはあまり興味なさげ。・・・というのも、この日は課題が与えられており、数枚のスケッチを取らなければいけなかったので、みんなはそっちの方に気をとられていたのと、あまりラットに傷を付けたくなかったみたいです。その後も私は寄り道をしながら課題をこなしていったわけですが、途中でクレームがとんできました・・・「このラットが一番おそいで!」・・・・・はいッ、やっぱりこのクラスには馴染めそうにありません(馴染みたくないです)。なんで課題を終わらせることしか頭にないんかな~・・と思ってしまいました。嘗められたなー・・と。他の班の質問に答えつつ、課題以外の臓器も説明しつつ、時間内に終われば何の問題もないと思っていたのに、「早く終わらして早く帰りたい」ですカ?残念ですたねぇ、私は標本は標本として扱いたい人間です。貴重な記録になると思うんですけどね、卒業までにたった1回しかない解剖実習だというのに。それも生体を観察するとなると、素人にはできない(生体の解剖は禁止されているはずです)ことです。1度殺めたなら、最大限有効活用するべきではないんですか?私がこだわりすぎなんですか?生体を見ずに配られたプリントを見てスケッチするなら、ラットを殺す必要はなかったはずです。


・ ・ ・ ・ ・


 それでも私は(悔しかったので)1番にスケッチ用の解剖を終わらせ、先生から勧められたので、脳の摘出を開始しました。ホネホネで頭骨を割るなどというもったいないことはしませんし、鮮度が落ちると脳は液化してしまって観察できなくなるので、ちょうど良い機会だと思いました(女子からは猛反発を喰らいましたが・・)。そして現在はホルマリン固定中、何人かと協力して、そのうち染色及び包埋・薄切を行う予定です。

 更に、解剖後のラットの中には、殆ど手をつけられていないものもありました。

 中途半端に殺しただけの方がよっぽど残酷で可哀想に思えるんですけどね、私には。プラナリアの標本を作るときも、やっぱり苦しみの少ない方法で、より良い標本にすることが、標本となる個体への礼儀だと思います。こういうことができないのは、飼育部(動物室)を持たない“専門学校”の生徒だからなんですか?先生も残念そうでしたが、一番残念だったのは、やはりラットでしょうね。満足はしたものの、なんか納得のいかない1日でした。
[PR]
研究資金の調達
 ・・・なんだかんだ言って、結構かかるもんです、お金も時間も。惜しむべきではないとは思うものの、今まで惜しまなさ過ぎたんでしょうね、一時所持金は底を付いておりました。貧乏な研究者が多いと聞きますが、研究者を目指しただけで貧乏になっているとは、情けない話です。滋賀に憧れて、交通費を惜しまず通ったのも良くなかったのかもしれません。もう、遊び感覚でデータを取っている場合ではなくなってきたので、統計学に基づいた必要サンプリング数の算出が必要かと思われます。・・・が、私が学んだ統計学は医療分野ベースなので、農学部的な見方がわからないのです。何かこの分野でに有用なの参考文献をご存知の方、お教え願います。

 また、医学系論文が読めるようになりたくて、最近英語の勉強を始めたところ、辞書が必要だということに気づき、遂に医用英語の専門辞典を買うことにしました。でも、高いんです、これがまた。それで、辞書を買うために働くわけですが、あまり気合の要る仕事では学校に支障が出てしまいますよね。なので、あまり頭を使わない仕事を選んでいるわけですが、給料が安いですね。
一日働いて5000円前後です。まぁそんなことを言っていても始まらないので、この辺にしておきます。

 とにかく、最低限、安定して調査できる環境をつくりたいと思います。
[PR]
◆謹賀新年◆
あけましておめでとうございます。

このブログを御覧の皆様、今年も宜しくお願い致します。中には昨年私が大変お世話になった方、御迷惑をおかけした方も大勢おられると思います。それでも見捨てずに(懲りずに)このサイトを覗いていただいて・・・感謝の気持ちでいっぱいです☆(笑)また、受験生の方、頑張って下さい!!プロジェクトPの調査にお付き合いいただいた方やご指導いただいた方、大変感謝しております。今後とも、宜しく願います。



皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げます。



ちなみに・・・
今年の抱負は「今までに得た知識をフル活用して、就職につながる研究を始める!!」です。
[PR]
「プラナリアはクマムシか?」について。
 はい、誰一人としてそんな発言をされた方はおりません。でも、最早両者は同じような扱いを受けているように思えるのです。

 私のところによくくる質問として、「プラナリアはどこで採集できるのか」「プラナリアは何を食べるのか」「プラナリアが大量発生する時期はあるのか」などが挙げられますが、それと並んで多いのが、「どうすればプラナリアを全滅させることが出来るのか」ということです。これは最近ブームの蝦、なんとかシュリンプの水槽に、プラナリアが発生し易いからでしょう。こちらの系統の方々より、適切なプラナリアの退治法についての質問を受ける機会が多いです。その際、「殺しても殺してもわいてくる」と言われる方が多いです。

 この説明は後日に先送りしますが、とりあえず、そんな(?)理由で、プラナリアの認知度を高めようと、MLproject_p@freeml.comを立ち上げてみました。1年近く愛用しているウィフリです。参加はご自由ですが、投稿にはオーナー(私)の承認が必要となっておますので、気が向いたら顔を出してみて下さい。
[PR]
(祝)オンライン復帰☆
そろそろ体力も戻ってきたということで、12月よりフィールド復帰を狙っています。
標本の固定技術が落ちてそうですが、気合を入れて頑張りたいと思っています。
[PR]
調査に行けない理由
なんと、またしても(おそらく)反射性交感神経性ジストロフィーにかかってしまい、今回は利き手が動きません。だからというわけでもありませんが、今月前半の調査に行けそうもありません。

悔しい・・・


まぁ、なるべく早く治ることを祈るのみです(あくまでも心掛けはしない…)。早く治って飲みにいきたいな~~とか。まぁ、今でも誘われりゃ飲みには行きますけどね(←不謹慎)
[PR]
Q&A(ケータイは先日の雨で完全にダメに…)
 以下は、私の苦手なのが「チョウかガか?」ってことと、「幼虫か成虫か?」ってことについての質問への回答です。

 私は、潰れ易い虫が苦手なので、カゲロウの成虫・ガガンボ・カなども見るのはあれですが、チョウ・ガとともに実物がダメです。幼虫は比較的平気です(イラガは拒否)。でも、最近、箕面で綺麗な蝶を見て、つい何者か調べようと近付いて見てました。ただ、小さい蝶は確実に無理ですし、白い蛾は鳥肌ものです。アゲハチョウより大きければ、成虫でも大丈夫だということがわかりました。過去に、小学校から持って帰ってきたオクラに水をやる為に弱りきったアオスジアゲハを移動させようとしたところ、羽が破れたことがあり、それから怖くなってしまいました。ガはドクガに刺されてからですが、4~5年前くらいまでは全く平気でした。

 ちなみに・・・甲虫は死骸でも潰れ難いので、結構スキです。最近目をつけるようになったのは周りに専門の人が多い糞虫(名前は全然覚えてませんが)と、川でよく遭遇するカワゲラ・トビケラの幼虫(でも潰れ易い…)ですが、基本的には常にタマムシはスキです。10年近く生体を見ていませんが。

 余談の余談ですが、世の中で1番可愛い哺乳類はフクロモモンガだという信念は、結構昔から貫き通してるものだったりします。
[PR]