プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
プラナリアの定義?
 「プラナリアの研究をしています」と言うと、「プラナリアって何ですか?」と訊き返されたりすることがよくある。イモリとヤモリの違いを語るのには慣れていても、こっちはまだ試行錯誤中。

 なので、今から考えることにする。まず、プラナリアの確実な情報について。
 ①高校理科の再生実験に使われることが多い。
 ②サイズは0.5~3cm程度。
 ③分裂で増えることが多いが、有性生殖も行う。
 ④近畿でよく見かけるのはナミウズムシ。
 ⑤大まかにはヒルの仲間で肉食性であるが、
  生きているものの血は吸わない。
 ⑥光に対して負の走行性を持つ。
 ⑦泳ぐ時は裏返しになって泳ぐ。
 ⑧三肺葉性が分化した最初の生き物である。
 ⑨体表は独特の臭気を持つ粘液で覆われている。 
 ⑩顎はなく、身体の中央にあるストロー状の白い咽頭を出して食物を取り込む。
 ⑪排泄器系もあまり発達しておらず、肛門はなく、体表より排泄を行う。
 ⑫主に無性生殖(分裂)で増殖するが、繁殖期(秋頃)になると体内に生殖器官が形成され始    め、有性生殖も行うことができる(有性生殖しかしない種類もいる)。
 ⑬無性生殖の際は、体中央に空いた穴が広がり、分かれる。
 ⑭地域個体差が激しい。
 ⑮乾燥と水質悪化・水温上昇に弱い。
 ⑯冷凍には耐えない。

 更に、個人的に持っている情報及び確実でない情報について。
 ①季節によって下流・上流に移動して水温の
   変化に対応している。
   (この為水温の変化に対する抵抗力が低い)
 
 
      ・ ・ ・ ・ ・

 
 ここまできて、結論が出た。こんなわかりにくいものを説明するのは困難である。よって、解決策は「プロジェクトPというサイトを見て下さい」と応えるくらいである。とりあえず今のところは。

“解り易く簡潔に”が何よりも難しい。更なる試行錯誤が必要だと思われる。この点、まだまだ勉強不足だと思う。
[PR]
プロジェクトP三重支部発足☆
 待望の三重支部、遂に交渉成立です!構成メンバーは三重県立某高等学校生物部の方々です。ホネホネ団三重遠征の際に知り合い、一部の部員の方にはP.P.三重にも参加していただきました。

 そんなこんなで半ば強引におしつけました(笑)近畿北部を中心に活動している私にとって、足を延ばし難い三重に支部を置けるのは、本当に嬉しい限りです。三重支部のみなさん、今後とも宜しくお願いします。

 で、これを機に、出身高校の方にも声を掛けに行ってこようかと思います。そんな時間、どこから搾り出すのかわかりませんが。
[PR]
事後報告
 噂には聞いてましたけど、テレビは緊張しますねー。しかも生中継てのが、相当…
 とにかく緊張をほぐす為に、常設展のシロナガスクジラの骨格標本を眺めて心を落ち着けました(ホネホネ団員ですから;笑)。

 でも、本番前に学芸員の方がエールを送りにきて下さったり、NHKのスタッフの方々もすごく雰囲気が良くて、なんとか無事終了しました。そして、ちゃっかり記念品も戴きました☆

 自分が上手く話せたかどうかは別として、今回の件はとても良い経験になったと思います。
[PR]
by Project_P | 2005-07-28 19:33
本日は快晴
 本日は御日柄も良く・・・山が、山から見える景色が恐ろしく綺麗だった。前回に比べ、プラナリアの確認個体数は3/2倍に増加していた。その上、サイズも大きいものが増え、健康状態もましそうだった(前回見た時は辛うじて生きているという状態だった)。気になったのは前回石の裏に大量にいたはずのヨコエビが、なぜか川底を歩き回っていたことと、ヨコエビの個体数が減少していたことで、カワゲラも確認できなかった。羽化するようなサイズではなかったので、下流に流されていったのかもしれない。

 それはそうと、本日の夏バテ対策は効果覿面だったので掲載する予定だったが、新しいブログを立ち上げている途中なので、また後程。
[PR]
マネビル
 マネビルの学名はMimobdella japonicaで餌はミミズです。図鑑には、ミミズしか食わないと載っています。そして私の試した限り、ミミズしか食べませんでした。鶏レバー・刺身・乾燥糸ミミズ・乾燥アカムシ・カイミジンコ・ミルワーム・パックDE赤虫(金魚用)・テトラフィン(金魚用)・粒状金魚のえさ(金魚用)・顆粒状メダカのえさ(メダカ用)・乾燥エビ(カメ用)・粒状カメのえさ(カメ用)…いろいろ試してみたけれど、結局何も食べなかったので、諦めて乾燥ミミズを買ってきたら、長時間食いついていました。でも、死んでしまいました。ミミズは特に水質を悪化させ易いのです。死んだミミズの臭いは強烈だと言います。実際、強烈でした。

 ちなみに、彼らの眼は基本的に一対なので、顕微鏡下では、以外と可愛く見えます。
[PR]
かんさいニュース1番です
 プロジェクトP、地上波初登場です。で、少しでも多くの方に関心を持っていただけるのはありがたいのです。

 でも、だからと言って、「みなさんも飼育してみましょう!」という生物でもないのです。乱獲されることだけは避けたいのです。特に私のフィールドは荒らされたくないのです。何せ、ヒトがあの川に足を踏み入れて岸を崩してしまえば、枯れてしまう程度の川なのです。私の川なわけではないので、こうやって呟いているだけですが、それが私にとって最も恐ろしいことです。

 一般的な魚や昆虫とは違い、プラナリアは、コツさえ掴めば乱獲が可能です。不幸にも、彼らは逃げることができないのです。でも、そんなに根気のある人は早々いないと仮定して、とりあえずはプラナリアの普及に務めます。そして、原色プラナリア図鑑が刊行されるまでの需要を生み出します!!(それは無理か…)
[PR]
ヒルの眼
 三重遠征から帰ってきてみると、ビロウドイシビルが全滅していた。新入りのシマイシビルと種名を思い出せないもう一種は、今日博物館に同定を行いに行ったにも関わらず、忘れていてそのまま連れ帰ってしまった。しかし、記憶によるとそれほどマニアックな種ではなかったと思われる。

 そう言えば現地にはチスイビルもいた。寝室兼研究室で脱走されると困るので、捕獲はせず、写真だけ撮影しておいた。そのうちアップする予定。

 ヒルは、眼の数がおもしろい。でも同定する時は厄介。
[PR]
NHKさんから番組出演の御依頼が!!
 本日、「なにわのナチュラリスト」附属の「お宝」展の搬入に行って参りました。そして、バイアル瓶の中を漂っていたプラナリア固定標本を、展示として見えやすいよう、瓶詰めにしてきました。その関係で館内を彷徨っていたところ、取材に来られたNHKの方とお会いしました。というより、遭遇した、もしくは通りすがった、という程度です。

 そして帰宅後、パソコンのメール受信ボックスにNHKのディレクターの方からの番組への出演依頼がきていました。某学芸員からの推薦のようで・・・こね?笑
 とにかく、先に言ったもん勝ちです。と思っています。世間に公表してしまえば、私のフィールドや成果は横取りされない…というのは考えが甘いのでしょうかね?とにかく是非是非引き受けたいのです。でも、制限時間は4分間(話し過ぎそう…)、しかも学校の講義が終わったと同時に教室から飛び出さなければいけません。でも、やっぱりお引き受けしたいのです。

 何はともあれ展示物の説明文を考えなければいけません。ついで(?)に検査総論や化学のレポートも書かなければいけません。「楽ではないけど愉しい」というのは、きっとこのことです。
[PR]
P.P.三重
 時間の関係であまり期待はしてなかったものの、せっかく三重に行くのだからと、一応プラナリア採集セットと器具類を持参していた。おそらくそのプラナリア根性が伝わったのか、割振られた宿舎の裏には川幅約30~40メートルの川が流れていた。

 この川、鳥類ではサギが多く、チュウサギ1羽にアオサギ3羽を目撃した。魚類ではカワムツやヨシノボリやがおり、紛れてカジカガエルのおたまじゃくしもいた。貝類はサカマキガイ。あとはヒラタドロムシやカゲロウ・カワゲラ・トビケラなどの水生昆虫とヒル類。この雰囲気、生駒の鳴川や京都の岩倉川のよう。ながれてくる水の質は悪くないのに、川底が汚染されている。おらくこの川にもプラナリアは棲んでいると思われるが、見つけることができるのはおそらく1~2匹。途方に暮れそうでも、今回は強力な援軍がいる。中高生5名。単独任務でなくて良かったと思いつつ、ひたすら石をめくる。気分は神経衰弱。一度めくった石をもう一度めくるのは時間の無駄となる為、全て覚えておく。今回の出陣は朝5時。今日もしぜん文化祭があるということはすっかり忘れ去り、みんなではしゃぎまくってしまった。そして案の定、7時過ぎにやっと全長2ミリ程度のプラナリアを1匹だけ見つけることができた。

 そして今回、憧れのニイニイゼミを見ることができた。しかも、大阪のアブラゼミ・クマゼミなど、比にならないくらいいた。1日中鳴いているし、「人も歩けば蝉にぶつかる」といったところで、私も数回彼らのタックルを食らった。せっかく小ぶりで可愛らしいのに、なんかもったいない気がした。
[PR]
遠征最終日のはなし
 ・・・他の団員も書いておられましたが、不満だらだらの同室モリゾー団体は、三重しぜんフェスティバルの最終日である2日目、なんと、別の場所に転居していきました。

 でもこの団体を追っ払ってしまう結果になったのは大変偲びなかったです。何せ彼らは今回の目玉、会場である三重こどもの城のチケット制有料団体だったのです。確かに会場到着の瞬間から友好的にはなれなさそうでしたが、場所を変えろと言われた時は流石に・・・ねぇ。確かに会場は科学系が中心のようで、骨格標本はさっぱり見かけませんでしたが、こっちは大阪から長距離遠征してきてるんです。私は4時起きで出発したんです。それが、「臭いもあるし…」「子どもが泣き叫んだりしたら困るので…」ですか?

 ちなみに言っておきますが、非日常的なものを見た時に動揺したり怖がったりするのは、大人だからです。先入観があるからです。子どもは純粋にものを見ることができます。だから人間は知識を得ることができるんですよね。

 それにこっちも滴る血に舌なめずりをするような団体ではなく、制作した標本は全て博物館に寄贈している正式な団体です。そりゃモリゾー団体のお客様はお子様とその保護者でしたけど、誰も臭いに文句は言ってなかったです。そして2日間、親子連れの方は多数来られましたが、1人足りとも泣かれたお子様はおられませんでした。むしろ、子どもが関節の仕組みや死体が標本になることの素晴らしさ興味を持ち過ぎて驚いている保護者の方が多く、入ってきてすぐに逃げてしまったお子様は、私の知る限り3歳くらいの女のコ1人だけでした。でも、硝子張りのドア越しにこっちを見ていたりして、泣き叫ばれたりはしてません。
 残念だったのはモリゾー団体に逃避されたことで、いやがる人にこそ、実際を見てもらいたかったです。現実は思っているほど残酷ではないのです。学術なので。でもまぁ、2日目は結構混雑したのであの部屋を、貸し切りにしていただけたのは有り難かったです。

とにかく、サンショウウオセンターやその他様々な団体と交流できて良かったです。
[PR]