プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
自然史フェスティバル2006
 さてさて…私が原因不明且つ治療法未確立である疾患のフルコースをいただいているうちにも、時間は進んでおります。

 気がつけば、来月20日は出展団体のエントリー〆切日です…という情報自体も三重支部長から教えていただいたものです(情けない…)。
 ブースは展示と若干の物品販売を予定しております。プラナリアな缶バッジを150円以下で販売させて頂く予定です。三重支部のみなさん、折紙を使用した切り絵によるデザイン案を募ります☆尚、必要最小限の記載事項は“プロジェクトP(project of planaria/プロジェクト・オブ・プラナリア)”“自然史フェスティバル2006”“http://projectp.exblog.jp”と、プラナリアの絵及び写真です。

 そろそろちゃんとした予定を立てよぅと思います。
[PR]
「プラナリアはクマムシか?」について。
 はい、誰一人としてそんな発言をされた方はおりません。でも、最早両者は同じような扱いを受けているように思えるのです。

 私のところによくくる質問として、「プラナリアはどこで採集できるのか」「プラナリアは何を食べるのか」「プラナリアが大量発生する時期はあるのか」などが挙げられますが、それと並んで多いのが、「どうすればプラナリアを全滅させることが出来るのか」ということです。これは最近ブームの蝦、なんとかシュリンプの水槽に、プラナリアが発生し易いからでしょう。こちらの系統の方々より、適切なプラナリアの退治法についての質問を受ける機会が多いです。その際、「殺しても殺してもわいてくる」と言われる方が多いです。

 この説明は後日に先送りしますが、とりあえず、そんな(?)理由で、プラナリアの認知度を高めようと、MLproject_p@freeml.comを立ち上げてみました。1年近く愛用しているウィフリです。参加はご自由ですが、投稿にはオーナー(私)の承認が必要となっておますので、気が向いたら顔を出してみて下さい。
[PR]
実はこの時期が・・・
 実を言うと、豊浦川の季節消長において私が最も気になっていたのは、“個体数が急増している時期”でした。そして、私が目星を付けていたのが秋・・・つまり既に出遅れてしまっています。この題目においては全くの個人研究なので、個人の研究において自分自身がどれだけ大事かを思い知らされた数ヶ月でした。

 ・・・とは言っても、仮設は仮説、仮定も仮定。実際は餌となる生物が冬に備えて栄養を蓄えた上に水温低下により動きが鈍くなってくる冬季に入ってから急増しているのかもしれません。というのも、動きが鈍く行動範囲も狭いプラナリアにとって、餌の動きが鈍くなることやそれらの生物が冬眠に入ることは好都合であるように思えるからです。むしろ、秋季では前述の生物は餌を求めて活発に動きまわっているという可能性がないとも言いきれません。
 実りの秋と言えども、それが全生命体において共通した事柄であるとは思えません。ここはひとつ、微生物の季節消長についての文献を読み漁りたいところですが、学校の成績に少々難有りな為、それは卒業後(資格取得後)においておこうと思います。どうせこの調査は長期戦なので。

 再生医療においてプラナリアの生態で解明されていないことは大してあるように思えませんが、そのあたりで研究を始めれば、就職後に1年中プラナリアについて考えながら働くという選択肢もありそうです。これについては嬉しいことに指名がかかっていて、大学の研究室の教授から、プラナリアの細胞死についての文献の検索及び未発表であれば研究をしても良いと言われています。在校生でもない私があの設備を使うことができるのは夢のような話ですが、当然ながら私一人の手に負えるものではないでしょう。思いつきで始めれるものではないと思っています。専門学校の授業の方に余裕が出てくれば、すぐにでも取りかかる予定です。
[PR]
(祝)オンライン復帰☆
そろそろ体力も戻ってきたということで、12月よりフィールド復帰を狙っています。
標本の固定技術が落ちてそうですが、気合を入れて頑張りたいと思っています。
[PR]