プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
再チャレンジ
懲りずにまたまたメーリングリストを立ち上げてみました。

気が向いた方は私、管理人までご連絡下さい★ミ
[PR]
PP城北ワンド(仮)
 行ってきました、城北ワンド郡!!
 
 例によって例の如く、不手際があった為遅刻してしまいました・・それでも私を見捨てずに来ていただいたA氏・M氏・T氏・Y氏には、大変感謝しております。・・・んで、許して下さい(笑)

 それはそうと、今日の収穫は、ヨコエビ(淀川の干潟地帯にもいました)、ヒル(同定はまだです)、カゲロウ・ミズムシ・ミミズ?・スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)、サカマキガイ、サカマキガイの卵塊、ドブガイ、巻貝の一種…それと、ボラ(死骸)、カワウ、セグロセキレイ、ハクチョウなんかもいました。



 とりあえず、いたんです、プラナリアが!!



 しかも部分的な大量発生です。200c㎡内にプラナリアが約20匹。個人的には、水質が微妙でプラナリアがギリギリ生息できているというようなところでは、このような生活様式が多い気がします。でも、ここは、棲み分けが激しく、ヒルのいる石にはヒルだけ(いてもサカマキガイくらい)、プラナリアのいる石はプラナリアだけ(巻貝の一種はいましたが)となっていました。

 そんなこともどうでもいい(?)んです。とにかく、ここのプラナリア、何かヘンでした。お話からも、見た目も外来モノではないかと思うんですけどね。今まで地域個体差を見てきた私ですが、こんなに違和感のある個体群に出会ったのは初めてです。麻酔も効きにくく、あまり綺麗な標本にはできませんでした。他と異なるのは、白目の部分が大きくてかなりハッキリしていること、あまり体型が変化しないこと(前後に縮まってシイタケ状になったりしないのです)、麻酔がかかって死にかけで頭部が変形し咽頭まで突出していても、水を替えたら一気に動き出すこと(普通は死んでます)と乾燥にも強い(粘液で作った膜にこもったりせず、そのままで耐えていました)ことが挙げられると思います。

 もし移入種でなくても、亜種になるのではないでしょうか。水温上昇への耐久力試験も行ってみたいですね。生殖器の切片を作るのは難しそうですが、そこは○○検査技師を目指すくらいなんで、是非挑戦してみたいです。まず、もっと文献を集めないと・・・


少なくとも、私はこれをナミウズムシDugesia japonicaだとは認めません!笑
 
[PR]
PP淀川ワンド
 え~、前回のホネホネ三重遠征で三重支部を獲得した私は、調子に乗って今回も支部を増やすつもりでした。・・・が、初の自分でのイベント出展と専門学校での実習のリーダーが重なったことで体力が持たず、残念ながら、懇親会への参加ができませんでした。

 でも、なんとか口頭発表も同世代の方からの反応が良く、ブース自体に来ていただいた方も予想以上に多かったので良かったです。



  ・ ・ ・


 なんて締めくくろうとしていたら、やってきました、良いお話が!!恐らく、私は半分くらい運だけでいきているのでしょう、淀川水系イタセンパラ研究会で出展されていたK氏より、プラナリア情報をいただくことができました★ミ

 K氏はいくつもの淀川環境保全関連の団体に所属しておられる“淀川人”です(・・かどうかは別として)。とにかく、私のプラナリア研究動機と似ていて、淀川の城北ワンドで移入種と思われるウズムシを確認され、指標動物としての役割について疑問をもたれているそうです。


 なので、今週末はこの調査に行って参ります。


 私がこの話に飛びついたのは、最早プラナリアだからというだけではありません。何を隠そう、この城北ワンド郡については高校の“自然観察と野生生物の保護”という科目(学校がバレそうですが…)で学習し、数回に渡ってフィールドワークを行った地でもあるからです。

 ワンドを御存知の方が真っ先に思うことは、「あんなところにプラナリアおんの?」ですね。私は一応淀川の干潟でも調査を行ってみましたが、プラナリアは確認できず、トビムシ・ヨコエビ・ヤマトシジミだけでした。ドブガイだらけのあの水底に生息しているのは、99%移入種だろうと踏んでいますが、楽しみです。

 とりあえず、調査隊を編成してみました。メンバーのみなさま、宜しくお願いします。せっかく人数もいるし、体長の計測を行ってみたいなぁなどと思いつつ。
[PR]
自然史フェスティバル2006
 ブースをお手伝いいただいたみなさま、プロジェクトPのみなさま、自然史博物館のみなさま、アルバイトのみなさま、他ブースのみなさま、お疲れさまでした。

 三重県より遠路遥々お越しの三重支部の御三方及び支部のみなさまには、本当になんと言ってよいのやら・・ぃぇぃぇほんまに。

 まず、ストラップや御守り、コースター等が売れまくり(対して、本部はギリギリ黒字;笑)。更に、顕微鏡操作やプラナリアの解説にも奮闘・・しかも4時起き&往復6時間。有難う御座いましたm(_ _)m

 
 しかも本ブースの応援は支部に止まらず、人遣いの荒い私の指示の下(すいませんほんまに・・・)、本部M氏は夜勤疲れを背負ったまま解説員を担当、会計担当の本部S氏は解説と質問受付までさせられる、他ブースのW・Y両氏は突如営業を任される(前日に初めてお会いしたばかりでした)、じゅにあブース営業担当のY氏にはプロ並みの客寄せを披露していただき、自分の妹にまでも営業をさせ、専属(アマチュア)カメラマンT氏には恐ろしく寒い中宣伝用のイモリの解説を担当していただき・・・and more・・・といった感じです。



 本当にお疲れサマでした。



 で、有難う御座いました。




 今のところ私が気になっているのは、A氏が12日の開店準備の際に御自分で切られた(しかもハサミで…)指の傷だけで。相当疲れてはったんでしょうね、参謀さん。






 ちなみに、客寄せの為に野外展示を行ったアカハライモリCynopsPhyrrogasterもプロジェクトPの“P”を兼ねてたり?笑。
[PR]
PP新家川
今日は、ふぇすで展示する予定の活動風景の撮影に行ってきました。
プロジェクトP専属カメラマン(?)はカブトムシさんに決定ですね。写真撮るの楽しそうやったし(笑)

写真の出来を見てもらうべく、アップしたいところですが、生憎ファイルが重過ぎたようで、圧縮してみましたが、ギリギリ無理でした。

とりあえず、新家川でプラナリアを見つけることはできませんでした。・・・が、ヒルがいたので、もしかしたら、プラナリアもいたのかもしれません。PPの調査でよく見かけるナガレトビケラ類は全く見つけることができませんでしたが、川底のゴミの溜まり方や川岸の様子より、プラナリアも2~3匹はいてもおかしくない雰囲気でした。小石や砂利で巣を作る類のトビケラやカゲロウが多く、カワゲラは確認できませんでした。コンクリート三面張りの箇所が多い上に水温や気温は京都の貴船川の倍近くの高さで、ちょっとプラナリアには不利な環境だと感じました。雰囲気的には京都の岩倉川と似ていなくもない気がしました。

とりあえず、カブトムシさん、初参加お疲れサマでした★私に目を付けられた以上、諦めてプロジェクトPに携わって下さい(笑)今後とも、宜しくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
★ふぇすの物販部★
え~、三重支部の方から、ふぇすのオリジナルグッズの目録(?)が届きましたので、本部のと併せて紹介させていただきます。


①プロジェクトPストラップ[1個~¥300]三重
今、グルジアで話題(嘘)の天然素材「ヘンプ」を使ったストラップ!勿論100%部員の手編み!
格好良さよりも癒しを重視した仕上がりで、とてもナチュラルな雰囲気。コレを付ければキミも明日からエコ人間だ!
樹脂粘土製のプラナリアマスコット(結構リアルな質感)が何とも言えぬマニアックな雰囲気を表現!
しかも製作段階で着色料を一切使用していないので口に入れても大丈夫!(故意に口に入れないで下さい)
樹脂製なので水にもそこそこ耐える!(故意に水に入れないで下さい)
カラーパターンも幾つか御用意致しております。


②不死身之御守[1個~¥150]三重
安産や合格祈願なんてもう古い!これぞ最先端テクノロジーを華麗に先取りした次世代の御守り!
コレを付ければ細胞内にミトコンドリアに代わる新たな器官が誕生し酸素無しで生きられるようになる訳でも、染色体の端っこのピロピロが短くなる訳でもないけれど、兎に角プラナリアの分裂に肖って不死身になれる(かもしれない)御守りだ!分裂→不死身という発想が貧困だとかは言わないでくれい!
同時発売、無敵の御守り。
カラーパターンも少々あり。


③無敵之御守[1個~¥150]三重
(上記内容に順ずる・・・・・と思います;笑)

④プロジェクトPコースター[2枚~¥100]三重
薄っぺらなコルクの板にハンダゴテで文字や絵を焼いたという、小学1年生の自由工作に勝らずとも勝らない逸品だ!試作は何とかなったものの、ぶっちゃけゴミ化最有力候補だ!
つーかコースター使ってる家なんて見たこと無ェよ!なんて言わずに、明日からはキミんチもコースターを使って友達に差を付けろ!!


⑤プラナリア缶バッチ[1個~¥120]大阪
知らない人に道端で「プラナリアって何?」と聞かれたときの為に、身に付けておきましょう。今回のブース装飾担当の本部代表がデザイン。元美術工芸部員(でも彫立体専門・・)。


⑥プラナリアなしおり[1枚~¥100]大阪
スタッフ総出(?)で製作、今年のふぇす限定商品です。静電気によってラミネート作業に悪戦苦闘。こちらも、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」をモットーに作品を作り続けてきた本部代表がデザイン。そして製作は殆ど部員(M氏・S氏)まかせ・・



以上、こんな感じで頑張りますので、是非御越し下さい。値段の表記に意味深な記号が付いていることにお気づきの方は、会場で「ブログ見ました!値段って○○なんですよね?」とおっしゃって下さい。
次回は(おそらく)展示内容の案内もさせていただきます。
[PR]
PP貴船川
行ってきました、貴船川!・・・やっぱり寒いですね。雪が残ってました。

 久々の調査は結構楽しいものでしたが、想像以上に体力が落ちているというのを実感させられました。しゃがみ込んで行うカウントや不安定な岩の上を移動することが、あんなにも難しく感じるなどとは思ってもみませんでした。

 面白かった(?)こと言えば、箕面や豊浦と違って、ここのプラナリアは時期によって棲む場所を変えたりしないのかもしれないということと(水温ですかね?)、ここの地域個体群はサイズの小さいものばかりだと思っていたのに、春になったせいか(全く根拠はありません;笑)、小さい個体に紛れて大きめの個体もいたことくらいですかねぇ・・・あと、言うなれば、副代表に任命してから本格的なフィールド調査は初めてのM氏が私の約6倍の個体数を確認したことくらいで(ちょっと悔しかったり…)。

 とにかく、こんな感じでふぇすの準備と調査が同時に行えるという一石二鳥コース第一弾は終了しました。余裕があれば、明日、豊浦にも行く予定です。まぁ、平日なんで単独作業ですが。

 
[PR]
宣伝効果?
明日は京都の貴船川に調査に行ってきます。例年と比べて半月ほど遅い時期になってしまいましたが、行くしかないので行きます。おそらく3月中は調査ポイントで1匹も見つからないということは無さそうなので。

統計学を少し学んだので、余裕があれば、統計学的に有用なデータのとり方をしてこようと思います。


それはそうと、最近ほぼ毎日10名を上回る方々が我がブログを訪問して下さっているようです。有り難い事です。ホネホネ効果かフェス効果か、恐らく検索でひっかかるのでしょう。この私色の濃いブログ、訪問者が増えると流石に反感をもたれる方もおられるのではないか(おられるでしょう)と心配していたりします。そういうのはコメント発言していただいて構いませんが、私の発言がなにわホネホネ団及びジュニア自然史クラブの方針と必ずしも一致しているとは限らないので、その辺り、ご了承願います。
[PR]