プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
OCAT市民フェスティバル。
9/20・21と、2日連続でOCAT市民フェスティバルでした。

詳細は追って…と書いたのに、お伝えする余裕がなくてすみませんでした。。

今回は、“プラナリア入り箱庭マグネット”という意味不明な名称で出展。

d0064195_2271249.jpg


生体展示が大盛況!(※写真はオープン前に撮影したものです。混雑時のものは何が何だかわからない写真になっていました…)

d0064195_22104367.jpg


そして、去年の“プラスチックでつくるプラナリア”では小学生以下に偏っていた年齢層が、幼稚園児から御年配の方まで、ぐっと広がりました。

d0064195_22134355.jpg


細かい素材を自分で選んで組み合わせる箱庭方式とプラスチックシャーレが好評でした。“粘土”よりも“箱庭”という文字の方が魅力的だったのでしょうか。

今回の問題点は、組み立てが難しいことでした。来場者はショッピングの合間であるかもしれないことを考慮し、手が汚れないようにと接着は全てスタッフが行なうことにしたのですが、耐水のシリコンボンドは接着力が弱いのです。当初の予定では水を入れて持ち帰ってもらうつもりでしたが、それは後日、各自自宅で行なっていただくことにしました。

とりあえず、今年はクリオネではなく、ナメクジと言われまくりました。生体展示を前面に出した為、直接見た感想をいただけたということだと思います。が!ナメクジって…イメージ悪っ!!

やはりプラナリアを御存知ない方が圧倒的多数を占め、何の仲間かと聞かれた私たちは「ヒルの仲間です。」という説明を余儀なくされました。きっと来場者は、ナメクジみたいなヒルの仲間だと感じたことでしょう。イメージ最悪…笑。

ちなみに、“半分に切ったら2匹になる”とか“口がおなかにある”というのは子供受けが良く、“エサは魚や貝の死骸など”ということに関しては大人受けが良かったです。

そして今年も、プラナリアの認知度は10%以下でした。。

完成例を撮影する人手が足りなかったことが悔やまれますが、、今年も周囲のブースの方にもスタッフの方にもよくしていただき、スタッフ4人という無謀なプラナリア普及&工作教室は無事終わることができました。

最後に、他ブース及び関係者のみなさんからのいただきものをご披露♪♪

お馴染み(?)お絵かき教室開催のtk4mさんからの差し入れ。tk4mさんがマスターを務めるクリュード・オハナは、JR放出駅から徒歩10分、今津公園のすぐ近くです。
d0064195_22233536.jpg


折り紙教室開催、フレンドリーな紙ふうせんの方からの差し入れ。
写真の撮影技術が低くてすいません、実物はもっとキレイです。
d0064195_2231133.jpg


今年はステージ部門(ダンス)出演者の弟さんからの直筆イラストもいただきました。
プラナリア、覚えてくれたかなー?
d0064195_22331945.jpg


来場者のみなさんも含め、本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
PY高槻~枚方~交野
終わりました、0泊3日枚方の旅。

昨日は標本処理やらで午前2時前までW田学芸員を居残りさせてしまいました…。この場を借りてお詫び致します。

ということで、久々の報告です。また追加訂正するつもりなので、暫しお待ちを。

とりあえず、3連休は3日とも、京阪電車と枚方市のレンタサイクル(試行中)“ひらリン”のお世話になりました。1日200円です。

今回は(今回も?)、普通の神経をもつ人間なら立ち入らないような場所も含まれています。場所によっては急流だったり底が泥質でじっとしていると足をとられることもあったりで、本当に危なかったです。
単にプラナリアを探しに行くだけなら、せめて田んぼ横の水路(田んぼではありません。水路です。ポイ捨てされた空き缶とかゴミの裏にいたりします)とか箕面川(警備さんに注意されかけたことはありますが…)とか城北わんど(環境実験により収穫は左右されますが…)にしておくべきです。
安全第一ですからね!充分気をつけて下さい。特に外来種はそのへんにもいてるものなんで、無理なさらぬよう。

船橋川_樟葉橋付近
アメリカナミウズムシ、アメリカツノウズムシ。

船橋川_大池付近
アメリカナミウズムシ。

穂谷川_穂谷川橋付近
※水が枯渇しており水生昆虫が多少確認された程度である為、要再調査。

穂谷川_尻屋橋付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_淀川流入部
アメリカツノウズムシ、アメリカナミウズムシ。

天野川_公園付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_市大植物園付近
アメリカナミウズムシ、ウズムシの一種(ナミウズムシ?リュウキュウナミウズムシ?)。

淀川_枚方大橋付近
アメリカナミウズムシ。

※アメリカナミウズムシとなってる中にトウナンアジアウズムシが混ざってる可能性があります。また博物館に置き忘れてきたデータと標本を確認しておかないと・・

来週末はOCAT市民フェスティバルに出展するので再来週になりますが、月末はとりあえず三川合流付近の再調査やら寝屋川方面の調査を予定しています。
[PR]