プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
約5ヶ月ぶり、感動の再会
 本日、やっと、久々に生駒に行くことが出来た。今日はなかなか充実した1日だった。

 …というのも、まず、いつも通り自転車を駐輪場に置き、階段を上って枚岡神社の鳥居の前に立った瞬間私が見たのは、鳥居下に群がる人々。例によって例の如くバテていた私は、てっきり映画か何かの撮影でもしているのかと思った。しかし雨避けの為のカバーで撮影器具に見えたそれは、よく見ると望遠鏡!あぁ、ナルホド。①鳥居の下から上を見上げている、②ほぼ全員同団体の様子、③あの望遠鏡・・・紛れもなくこの方々は野鳥観察をしている!!でも、私にはドバトとキジバトしか見えない。

 ここは情報収集を・・と通りすがりに話を盗み聞きしていても、会話がマニアック過ぎる。ん?この感覚は確か、ある一件で日本野鳥の会某支部の方々とお会いした時と同じ・・・おそらくこの集団は野鳥の会大阪支部の方々に違いない。などと思っていたら、通りすがりのおじいさんが、望遠鏡の周りの人々に「何を見てはるんですか?」というナイスな質問をしてくれた。返事は「あ~、アオバズク見てるんですよ。(以下略)」。
 
 アオバズク!!猛禽好き(眺めるのが)の私としては、是非とも見ておきたかったので、鳥好きが顔に出ているおじさんに声をかけてみた。「アオバズク見てはるんですか?どこにいてるんですか?」と図々しくも高価な望遠鏡を覗かせていただいた。「こっちが雛でそれよりちょっと上にいてるのが親です。」でも、下から見ただけで親か子かなど、素人の私にはわからない。サイズの違いと色の濃淡がかろうじて判る程度。ここでちょっと確認。「野鳥の会大阪支部の方ですか?」私の直感は正しかった(でも、そのへんの集団があの高価な望遠鏡を大量に持っているとは思えないので、考えるまでもなかった気がする)。その後、巣の場所や毎年観察できるのか等を訊いてから、豊●川へ向かった。

 落ち葉が減っている上に、降雨直後ということもあって前回より水量も多い。少し期待しつつ、石をめくる。うようよいる!・・・ミニサイズのヨコエビが。(おそらくニッポンヨコエビ。但し、同定を試みたが数回に渡って断念。)ちなみに下流には結構生息しているが、この地点にヨコエビが多いと思ったことは一度もない。水生昆虫は、ガガンボと、またもやコカゲロウの1種のみ(水生昆虫の同定は難しいので諦めた)。ガガンボ[幼]も、サイズの割に多かった。1匹だけ半分喰われていたが、残りは至って健康そうだった。前回最も多かったアミカの幼虫は全く見かけなかったが、成虫となって血を吸っているのを見た。私の左腕の。気がついたら虫除けも無視されて、私の脚と腕は蚊に刺されてボコボコになっていた。痒い。
 
d0064195_051443.jpg そんなこんなで梃子摺っていたら、ふとめくった石の裏に、懐かしいものを見た。豊●川のプラナリア!!(右図点線内)。多分私以外の誰にもわからない、私独自の趣味で、私はここのプラナリアが好きだったりする。同じ種(とされている)の生物でも、(おそらく)食物や水質でこんなに形態が違ってくるというのは、とてもおもしろい。一言で言うと、ここのプラナリアはヒルに似ている。つまり、扁平さに欠けるということで、その為に他の地域個体群とは動きにまで違いが見られる。はじめて見た時は、ヒルだと思ってしまったくらい、丸々としている。しかも、サイズが大きい(稀に大きい個体のいる地域もある)。とにかく、可愛い。

 結局、プラナリアは5匹確認した。そして、ヨコエビは数百匹確認した。ヨコエビの数を数える必要がなくて良かったとつくづく思う。
[PR]
一般公開が迫ってきました!
 私の収集してきた近畿各地のプラナリアが、ついに一般公開の機会を戴きました。

 この夏(2005.7.23~9.4)大阪市立自然史博物館で開催される特別展「なにわのナチュラリスト」http://www.mus‐nh.city.osaka.jp/tokuten/2005naniwa/に、少しスペースを分けていただけるとのことで、大変嬉しい限りです。

d0064195_23225571.jpg 標本を整理番号とデータファイルで管理している為にラベルが不十分なので、一から作り直しです。準備が間に合うかどうかが心配ですが、気合入れて頑張ります。尚、博物館の最寄駅は大阪私営地下鉄及びJR阪和線の「長居」もしくはJR阪和線の「鶴ヶ丘」ですが、鶴ヶ丘からの道は、距離的には短くてもややこしくなっております。是非、お越し下さい。長居は私が比良(滋賀県湖西)の次に気に入っている場所です。

 ちなみに私は、会館から閉館まで館内を満喫し、あのシロナガスクジラの骨格標本を、約6時間眺めていたことがあります。美術館に行っても気に入った立体作品のところに数時間いる私なので、有り得なくもありませんが。
[PR]
倦怠期ではありませんよ!
 最近、某博物館学芸員の和田氏に「プラナリアに飽きてきたんちゃうん~?」と言われました。うぅ・・・ぃぇぃぇ、全く!!寧ろ、早くフィールドに戻りたいです。でも、学校の成績が際どいので、休日に遭難してるわけにはいかないというだけです。

 極度の方向音痴の私が、未だに遭難もせずのらくら生きているのは、ただの運だとしか言いようがない!というのも、酔っていると時々家に帰れないとか、地元で迷子になるくらいの方向音痴なんです。そんな私が地図にも載っていない土地を彷徨っているのは、意外と体力と精神力を使います。
[PR]
ネグレクト?
 最近、プラナリアの世話をサボっている。というか、この気温・・・既に常温はプラナリアにとって超異常気象となる。この弱りきっている状態で給餌を行い少しでも水質を悪化させれば、全滅はほぼ確実だと言える。だから、自分の細胞を消化して飢えを凌いでもらっている。所謂「タコが極度の空腹時に自己の足を喰う」というのとあまり変わらない現象を起こさせている。個体はどんどん縮んでいくし、個体数も減っていく。それでも全滅さえしなければいいと思っている。

 可哀相なので、来年こそ恒温器を購入しようと思う。
[PR]
ホネホネ団、三重遠征!!
d0064195_2326085.jpg この度、ホネホネ団がしぜん文化祭2005で展示&実演スペースを戴きました。詳細は主催兼会場である三重県立みえこどもの城http://www.mie-cc.or.jp/をご参照下さい。ホネホネ団は「解剖&骨格標本制作&皮なめし実演」をさせていただきます。尚、私はマヌケ代表なので(…というか眼鏡が必要な視力のくせに眼鏡をかけていない)、私は奥の方に隠れている予定。団員の特異さ(笑)は、団長のみにとどまらず、団員もスゴ腕の集まり。なのに私だけ…

 物品販売に関して言えば、私のオススメは某団員の骨格切り絵…あれはスゴイ!!骨格標本制作法の冊子(団長作)も販売します。でもまぁ、一番のオススメは、私が時間と労力の全てを注ぎ込んだ“モルモットの頭骨レプリカ(石膏)”。今回に限り、特価販売させていただきます。学校の講義が終わってから高校に通い詰めて石膏像専攻の先生にアドバイスをもらいに行き、高校が閉まるまで居候してしまったり、高校に試作品の鋳型と骨を放置してきてしまったり、鋳型ができてホッとしていたら、型をとった元の骨格標本を落下させて割ってしまったり、ほんまにいろいろ迷惑かけました。すんません。今は勉強部屋が石膏まみれになってしまっていて、親もうんざりしているようです。

d0064195_2151289.jpg

 それなのに、私の石膏レプリカは、完璧なレプリカではないのです。何せ大阪から三重まで電車と車で輸送するので、強度の問題が重要視されるのです。途中で壊れないことが絶対条件です。が、薄く湾曲する頬骨は、長距離移動の衝撃に耐えることが不可能です。歯科用石膏を使えば割れないものが作れるということも、ホネホネ団顧問の方に教えていただいたのですが、加工の容易さから、工作用石膏を選びました。そして、鋳型から眼窩(眼がはまっている窪み)の部分を外し、石膏を流し込んでから、彫って窪みをつけました。そして、頬骨弓を分厚くしました。他に、強度の関係で、頬骨に開いている孔を閉じました。ちょっと残念です。

 とにかく…盛り上げて行きます!隣のブースの“おがくずで作るモリゾーとキッコロ”のみなさん、仲良くして下さいネ☆
[PR]
研究室云々。
 最近、ほったらかしていたビロウドイシビルの親子が共喰いしているのに気づいた。数十匹の子ビルが、親ビルに群がっていた。結構残酷・・・

それはそうと、最近体調が良くないので、まったく生駒に行けていない。しかも今から梅雨・・・

憂鬱極まりない。
[PR]
プラナリアと謂うもの・・・
 一般的にプラナリアと謂われているものの正式名称はナミウズムシDugesia japonicaであり、扁形動物門渦虫綱三岐腸目サンカクアタマウズムシ科ナミウズムシ属の生物である。

 このプラナリア、理科実験室で飼っておられるという学校も少なくないはず。「水質悪化と水温上昇に気をつけ、餌はレバーかゆで卵の黄味を与えるとよい」ということまでは知っておられる方が多い。ところがその割に、自然界での生態について訊ねると、曖昧な答えが返ってくる。そんなこんなで私は実際にプラナリアの棲息している環境やいろいろな種類をこの目で見てみたいと思ったのである。

 ということで、今までは淀川水系を中心に、実際川へ足を運び、プラナリアを捕まえたり、棲息している環境のデータを大まかにまとめてきた。

 そして先月より、沢山の方々からの御指導を受けながら、研究というものの準備段階にとりかかり始めた。毎月2回、生駒山に登って豊浦川上流の調査ポイントのデータをとる。そして他の水生昆虫などの生息やプラナリアの個体数を数える。・・・とはいうもののプラナリアを数えるのは容易ではない。いちいち石を引っくり返して(しかも片手で石を持ち上げたまま)プラナリアみたいなミクロな生物を探す為、この歳だと腰にくる。
[PR]
PPエピソード1
 プロジェクトP・・・実体がはっきりしない、名前だけ大袈裟な研究(?)です。

 というのは過去形で(まだちょっと怪しい)、現在は一応1つの目的を持って調査(というほどでもない)を行っています。沢山の方々に御助言いただき、ここまできました。

 このブログを御覧のアナタ!御意見や御質問等、大歓迎致します。

 プロジェクトPの“P”は、Planaria(プラナリア)の頭文字です。プラナリアを御存知ですか?中学や高校の生物の授業で再生実験をされた記憶がある方もおられるのではないかと思います。ここでは、あのマヌケで愛嬌のある眼が何とも言えない彼らについて語ります!!!


 プロジェクトPの研究内容については後程。
[PR]