プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ミーティングとHP。
お昼からプロジェクトP名付け親のFじもと大先生とミーティング。

大先生と一緒に何かをやるのは、かなり久々で数年ぶり。
でもとりあえず元気そうで良かった。Mなみ氏や私の知らんことをいっぱい知ってるから有り難い。

夜は青森支部のOさない氏と電話会議(?)。私のメール文面の酷さは何とかするべき課題のひとつ。メールでの印象が悪い自覚はあるんですが、どうしたものか…(-_-;)

とりあえずここまでで一応方針がハッキリしたので、またここに上げます〜(議事録待ち)。

いくら大それたことでも、言うのは自由ですからね♪

あとはホームページに悪戦苦闘しておりました。用語からしてわからんことだらけなので、調べたりしていました。やっとトップページのタイトルができた程度なのですが、もう目がショボショボします。。
[PR]
# by Project_P | 2012-11-08 08:18
新ホームページ。
d0064195_224550.jpg

昨晩、注文していたホームページ作成ソフトを受け取ってきました♪♪


休日出勤の振休を利用して、来週中に作成に取り掛かりたいと思います!
またお見せできる状態になったらココにURLを掲載しますので覗きに来てくださいm(__)m
[PR]
# by Project_P | 2012-11-05 22:04
Pネット(仮)ミーティング。
本日は仕事後に副代表のMなみ氏と梅田でミーティング。やっぱり学生時代より時間の融通が利かなくて予定合わせるのが大変。でも、1人やと煮詰まったり謎のポジティブメルヘン思考が炸裂してまうんですよねー(-_-;)


放課後、空き教室やら饂飩屋やらファーストフード店やらファミレスやらカラオケルームで打ち合わせてたのが懐かしい。


(ちなみに、みなみんは1年前より痩せてました。)


これから始める新プロジェクト(名称未定)はオカデ・Mなみをメインに進めていく予定。

今年アゴラに出れないのは本当に残念。。
でも、ここらでちょいと態勢立て直しておきますので、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m


***** projectP <:  > *****


◆決定事項◆
 ・シークエンスに実際必要な費用を調べる
 ・プライマーの見積もり依頼(どこで頼むかなぁ…)
 ・仕事は断らない。他のスタッフを(教育して)派遣。
 ・スタッフ用資料作成(イベント代理用)
 ・人付き合いに重点を置く。
 ・HPにmixiのアカウントとコミュニティ貼る。
 ・SNSからのお問い合わせにも誠実に対応(今までは対応しきれておりませんでした。すみません…)。
 ・HPおよびブログの定期更新。
 ・HPに動画をアップロードする。
 ・採集手順およびコツの動画を作成。
 ・プラナリアと紛らわしい生物の一覧を作成。
 ・プロジェクトP調査スタッフの一般公募。
 ・Iのうえ氏に協力要請
 ・いつも忘れているMなみ氏の名刺を作成
 ・助成金は応募する。でも1年間はもらえなくても持つように頑張る(Pで破産しそう…笑)。
[PR]
# by Project_P | 2012-10-31 00:52
Pスカウト。
現在、新しく手伝ってもらうPスタッフのスカウトをしています。


まだ返事保留中。


事務が1人欲しいけども、事務にしておくには勿体ない人材かもしれず、悩ましいところです。


あと、中学校の部活動顧問って本当大変ですね。休みないし。そんなSこだ氏にエール。
[PR]
# by Project_P | 2012-10-31 00:38
抱負。
お久しぶりです。

ところで10月3日、母校(柴島高校)にて高校時代と進路決定から現在に至るまでについて、ちょこっと講義(?)をさせていただいてきました。「文系→音楽系→福祉→保育(幼児教育ですが)→美術系→理系→医療」3年間で進路が変動しまくりだったので、話しきれませんでした。学校の先生は授業時間内に伝えたいことをまとめれるんやからスゴいと思いました。いつも通り自分のスキなことだけ話せば良いというわけではないので、難しかったです。でも、久々に柴高の空気を吸って、自分がやりたいこと・やるべきことについて考えさせられました。


いくらイベントに出ても、プラナリアを始める学生さんの数に変化がないのは悩みでした。(博物館での特別展は効果があったようですが。)


イベントで増えるのはプラナリアのファンだけ。私が狙う「地味な研究をやりたい人の後押し」にはなれてない。全く。それが迷いの原因でした。


実際にプラナリアの調査をされている方は、むしろ私のブログやホームページをご存知だという方が多いです。こんな中途半端やのに。


・・・ということで、mixiにアップしたここ近年の(非公開)や(友人まで公開)で眠っている日記、パソコンに眠っている画像を、ブログやホームページに貼り直し、恐ろしく見づらいホームページをなんとかしよう♪


私がまず最初にやるべきことはコレなんやと思います。最低限、それがマナーかと。


プラナリアの普及はA形研とS山さんにお任せしておけば間違いないというのが私の持論なので、引き続き私はでしゃばらずに続けていきます。


●今後の予定●
・ホームページのリニューアル
・Q&A専用メールアドレスの取得
・プラナリアを扱う生物部や調査団体の種別リンク一覧を作成・年度更新(みなさまご協力お願いします)
・採集データシートをエクセルで公開
・過去の活動記録記事をブログに集約
・ホームページ更新をPスタッフ全員が行えるようにする
・これができるまではイベントに出展しない。
・Pスタッフの学習プログラムを作成(論文を要訳して共有)
・展示における再生の魅せ方検討
・冷蔵庫不調により全滅したイベント用プラナリア株の再調整(数年かかったのに…泣)


(なんかS賀准教授のブログみたいになってしまったな…笑)
[PR]
# by Project_P | 2012-10-08 08:01
アゴラに向けて夜行で出発!!
d0064195_220722.jpg

今週末はサイエンスアゴラ2011にブース出展してきます♪♪



なんとかギリギリで準備も完了!!


かなり久々の出展、楽しみな反面、準備不足が悔しいです。。


関西は雨がパラついておりますが、明日みなさまにお会いできることを心より楽しみにしておりますm(__)m


目玉はやっぱり再生実験用プラナリアと言えば…のGIです!!


ハッキリ言います!!


顔カワイイです!!


他の再生モデルも入手して並べれば良かった…クローンなりに楽しめそう。


切っても切れないような、むしろ切っても増えてしまうくらいの出会いがあればと思っております。


物販の写真上げれず終いですみません(>_<)
[PR]
# by Project_P | 2011-11-18 22:00
アゴラ生体展示用プラナリア。
休みもないほどに多忙なSわだ氏(博物館つながり。ほんと頭上がらない…)とSもやま氏(プラナリア女子高生として有名。今は阿形先生のとこで大学院生)のご協力により、なんとか野生のプラナリアと販売書籍にも載ってる実験用のプラナリアの両方を展示できそうです。


再生を絡めつつも、実験動物として以外の目でもプラナリアを見てもらいたいというコンセプトは貫けそうです。


数日前に冷蔵庫の不調で自宅の展示用プラナリアのストックを全滅させた時は、冗談抜きでベランダから飛び降りかねない勢いのパニック状態でしたが、お二方のご協力により、無事、開催できそうです。


本当にありがとうございました。


直接お会いできなくて残念でしたが、お忙しい中、迅速に対応していただいた阿形研究室のみなさまには感謝の気持ちでいっぱいとしか言いようがありません。


サイエンスアゴラ2011、プロジェクトPのプラナリアブースは11/19・20、お台場科学未来館1F(2日目は屋外)にて。


物販スペースでは、プラ(ナリア)マークTシャツ[ライトイエロー:Mサイズ]を、2360円にて、限定1枚につき販売させていただきます。


プラナリア再生実験のモデルとして有名な、例のGI系統も生体展示させていただきます。


GIについての説明も載っているオススメのプラナリア本、『切っても切ってもプラナリア』(絵:土橋としこ,文:阿形清和)も、勿論販売します!!!


そりゃあ私が「絶版なんて勿体ないです!!再版してください!!」と岩波書店さんにお願いして、新装版を出していただいて即買いしたくらいのお気に入りなので(V)o\o(V)笑


なんやかんや、今回も盛り上げて行きますので、是非お越しください♪♪
[PR]
# by Project_P | 2011-11-16 23:56
アゴラ物販コーナー
物販コーナーはイベント開催中両日とも12:00〜13:30に都立産業技術研究センター入口付近(シンボルプロムナード公園※荒天時場所変更あり)です。


品目は調整中ですが、書籍・キーホルダー・ミニバッジなどの予定です。


ちなみに時間制なので各種、品数は少なめです。正式に販売許可が下りた物品のみ、また改めて画像をアップロードさせていただきますm(__)m


あと、気が向いたら一眼レフで撮影した再生中のプラナリアの画像も上げます。圧縮しないといけないのと、ケータイではSDカード内のファイルを認識することすらできなかったので、ハードル高めです。


以上、情報量の少な過ぎる速報でしたー。
[PR]
# by Project_P | 2011-10-25 20:58
サイエンスアゴラ2011。
d0064195_11463328.gif

d0064195_11463356.gif

d0064195_1146338.gif

d0064195_1146332.gif

サイエンスアゴラ2011まで1ヶ月を切りました!!


今年はプロジェクトPとしては初めて、メインに再生を掲げてみました。


双頭プラナリアや再生途中のプラナリアをお見せできるよう準備中です♪♪(輸送に耐えれるかが心配…双頭とか着いたら分裂してしまってそう )


書類提出ミスで19日だけの参加になってますが、プロジェクトPは11月19日・20日両日とも参加します


場所はお台場、ゆりかもめ「テレコムセンター」駅から徒歩数分の日本科学未来館。


時間場所限定でグッズや書籍販売(切っても切ってもプラナリア/著:阿形清和,絵:土橋としこ/岩波書店)もします!!


他にも初出展の物理や科学の珍しいワークショップもあるようです。私自身も楽しみです


是非お越しくださいm(__)m
[PR]
# by Project_P | 2011-10-23 11:46
箕面川で生き物を探そう!!
今日の観察会は、水生昆虫(府大のT田先生)と
プラナリア(私)の2本立てでした。

博物館の月例ハイキングですが、
この寒い時期にそんなに多くは
集まらないだろうと踏んでいたら、
私の予想をはるかに上回り、
76名の参加者が集まりました。
(ちなみにT田さんの予想は正確でした!)

寒い中ひたすら川の中に入って手を突っ込む
という寒中水泳の一種かのようなこの会に…。

この日のために配布用プリントも作ったのに、
完全に部数不足。

プラナリア見つけた人先着10名には
下見の時に撮影したここの川のプラナリア
(ナミウズムシDugesia japonica)の
写真入りカードを進呈!!

とか、

藻類と共生している個体もいるらしいと噂の
緑色個体を見つけた人にはジュース1本!!

とか言ったところ、寒いと言いながらも
おとなこども問わず、石ひっくり返して
探されていました。

箕面のあのポイントはちょくちょく行っているので
ナミウズムシしかいないのは承知の上だったのですが、
やはり私としては外来種の方を普及したいところ。

情報欲しいんで。

個人的には、外来プラナリアは将来的に
在来の貝類や甲殻類の脅威になるだろうと考えています。
なんせ、アクアリウム業界では、弱ったシュリンプや
幼いシュリンプを喰らう害虫ですからね。

外来種がいるような下流域の何と
共同企画すればウケるんでしょうか…

悩みます。。
[PR]