プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
全体
プラナリアって??
project of planaria
プロジェクトY
プラナリアを訪ねて三千里
豊浦川の季節消長
扁形動物物語
プラナリアとのくらし
P染色(実は極秘★)
参加イベント
緊急告知!!
なにわホネホネ団
徒然なるままに…
オマケ☆ヒルたち
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生態学会:傍聴席。
現在、生態学会の行なわれる岩手県立大学へと向かっています。

17時間かけてバス3本を乗り継ぐプランにしたのですが、流石に腰痛が…

大阪から長靴と調査セットを持参しましたが、盛岡に着いた時点で調査に行く体力など残っているのかどうか。。
[PR]
# by Project_P | 2009-03-17 10:26
ミヤマのミヤマ。
ミヤマという場所で、ミヤマウズムシを見つけてきました。
H岡氏の提案でプロジェクトYの調査後に向かった先にて採集。

前回よりも大型でしたが、ナミウズムシは確認できませんでした。



(後日、写真をアップロード予定)
[PR]
数十年前の文献を元にミヤマウズムシを探すの旅。
久々に山らしい山を歩きました。
自家用車がなければとても行けるような場所ではありませんでした。
車を出していただいたH岡氏には、冗談抜きで感謝してます。

ところで、私がそんな山奥まで行った理由ですが、当然、ミヤマ探しです。

ミヤマウズムシ Phagocata vivida

d0064195_21483183.jpg


顔が四角形(上辺が波線上)のプラナリア。
私はまだ写真した見たことがなく、いつか本物を見てみたいなぁと思ってました。

先日W田学芸員にいただいた文献と地図を握りしめ、大阪府某所へと向かいました。

結構歩きましたが、




















いました★











d0064195_21534392.jpg

(個人的にはこの写真が一番気に入ってます)


そして、ヒートアップし過ぎて疲れました。



とりあえず、H公園に続き、某神の奉られている(?)場所のようでした。

ナミウズムシは、約4cm(伸長時)の個体がいました。

プラナリアの神がいるに違いない!!と思ってしまいました。

ミヤマウズムシの数がかなり少なかったので、サンプリングも最小限にしておきました。

生息環境も他種より選り好みが激しいようなので、くれぐれも乱獲は避けましょう♪

ミヤマウズムシは源流部の湧水などが狙い目のようですが、あまり安全でない場所が多いので、特にプロジェクトYプラナリア班の方、調査の際はくれぐれもお気をつけ下さい。
[PR]
サイエンスアゴラ2008
11/22~24の3日間に渡り、東京お台場のこども未来館にて、サイエンスアゴラ2008というイベントが開催されました。

大阪本部からは私[一応生態学]と副代表M氏の2人が、愛媛大学と愛知(明城大学)から助っ人のK本氏とS田氏が、青森支部(北里大学)からS田氏[生理学]が、神奈川(東海大学)からK木氏[環境教育学]が、東京(筑波大学)からS山氏[行動学]が参加しました。

各スタッフの研究分野が多彩だったため、当日の質疑応答はかなり充実していたのではないかと思います。



【つづく】
[PR]
かんさい自然フェスタ2008。
11/14~15はかんさい自然フェスタでした。

大阪市立自然史博物館で開かれたこのイベント、開場前から来場者がちらほら。
大盛況でした。
関西自然保護機構の創立30周年記念イベントで、自然環境の保全・保護をテーマにしたフェスティバルです。
市民自然団体などによるブース出展では、いっしょに工作をしたり楽しいゲームを考えたり、さまざまな工夫をこらした企画でみなさんをお待ちしています。また

スタッフは私を含め4人。
(うち一人は交通事故による骨折中のため片足ギブス…)
イベント担当のY田氏も大活躍でした。

両日ともブースに7台の実体顕微鏡を並べ、各種プラナリアの生体を観察していただきました。

看板に使用させていただいたtk4mさんの“ぷらなり屋”のイラストが好評でした。

ところで、キッズプラザのS田さんより、プレゼントをいただきました。
(画像は後日アップロード予定)
ブース出展する際、配布資料散乱防止用の重石として使えそうです♪♪
[PR]
Mission3:アメリカナミウズムシを探せ!
11/8、淀川にて博物館友の会の秋祭りが開催されました。

オリエンテーションやゲームなどを通して淀川に生息する外来種について学ぼうという企画。

当日は博物館実習生の参加もあったので、スタッフの人数はバッチリ。

…ということで、あとの仕事は他のスタッフに任せ、私はプラナリア担当に回りました。

午前中は班ごとに分かれた会員さんたちが、スタッフによる引率の下、要所要所に配置された解説ポイントを周ります。解説は私以外は学芸員さんが行なっていたので、I学芸員の貝類の説明を参考にしつつ、アドリブ。前日シフトを見て初めて、私がプラナリア担当になっているということに気付いたので、持ち時間などの打ち合わせはなし。人手不足だったら別の仕事をしなければいけないとう状況だったので、あまり期待しておらず、準備もしてなかったのです。

とりあえず、アメリカナミウズムシがいたので、半日ほど水の中に浸かってプラナリアを見つけるパフォーマンス+説明をしました。

寒かったですが、実物を見てもらうことができて良かったです(後日発熱が続いたことは言うまでもありません…)。

午後は外来種DE借り物競争。

それぞれ班ごとにお題が書いてあるクジをひき、最も早く指定されたもの全てを持ち帰った班が優勝!というものでした。

但し、お題は見つけ易さでランク分けされた3つの箱から1つずつ、クジをひかなければいけません。

レベル3は見つかりにくいもの。…のハズが、見つからなかったものもありました。担当学芸員の主観による設定(特に動物は日によって難易度が変動する)なので、分野によってレベルがまちまち。基準って一体…。

でも、淀川が外来種の宝庫と言われる所以を肌で実感してもらうには充分な企画だったと思います。

ちなみに、レベル3のアメリカナミウズムシは他に比べてレベルが高過ぎたので、私も参戦。

d0064195_22501884.jpg


3位までには入れず、レアな(?)景品はもらえませんでしたが、なかなか楽しんでいただけたのではないかと思います。
[PR]
OCAT市民フェスティバル。
9/20・21と、2日連続でOCAT市民フェスティバルでした。

詳細は追って…と書いたのに、お伝えする余裕がなくてすみませんでした。。

今回は、“プラナリア入り箱庭マグネット”という意味不明な名称で出展。

d0064195_2271249.jpg


生体展示が大盛況!(※写真はオープン前に撮影したものです。混雑時のものは何が何だかわからない写真になっていました…)

d0064195_22104367.jpg


そして、去年の“プラスチックでつくるプラナリア”では小学生以下に偏っていた年齢層が、幼稚園児から御年配の方まで、ぐっと広がりました。

d0064195_22134355.jpg


細かい素材を自分で選んで組み合わせる箱庭方式とプラスチックシャーレが好評でした。“粘土”よりも“箱庭”という文字の方が魅力的だったのでしょうか。

今回の問題点は、組み立てが難しいことでした。来場者はショッピングの合間であるかもしれないことを考慮し、手が汚れないようにと接着は全てスタッフが行なうことにしたのですが、耐水のシリコンボンドは接着力が弱いのです。当初の予定では水を入れて持ち帰ってもらうつもりでしたが、それは後日、各自自宅で行なっていただくことにしました。

とりあえず、今年はクリオネではなく、ナメクジと言われまくりました。生体展示を前面に出した為、直接見た感想をいただけたということだと思います。が!ナメクジって…イメージ悪っ!!

やはりプラナリアを御存知ない方が圧倒的多数を占め、何の仲間かと聞かれた私たちは「ヒルの仲間です。」という説明を余儀なくされました。きっと来場者は、ナメクジみたいなヒルの仲間だと感じたことでしょう。イメージ最悪…笑。

ちなみに、“半分に切ったら2匹になる”とか“口がおなかにある”というのは子供受けが良く、“エサは魚や貝の死骸など”ということに関しては大人受けが良かったです。

そして今年も、プラナリアの認知度は10%以下でした。。

完成例を撮影する人手が足りなかったことが悔やまれますが、、今年も周囲のブースの方にもスタッフの方にもよくしていただき、スタッフ4人という無謀なプラナリア普及&工作教室は無事終わることができました。

最後に、他ブース及び関係者のみなさんからのいただきものをご披露♪♪

お馴染み(?)お絵かき教室開催のtk4mさんからの差し入れ。tk4mさんがマスターを務めるクリュード・オハナは、JR放出駅から徒歩10分、今津公園のすぐ近くです。
d0064195_22233536.jpg


折り紙教室開催、フレンドリーな紙ふうせんの方からの差し入れ。
写真の撮影技術が低くてすいません、実物はもっとキレイです。
d0064195_2231133.jpg


今年はステージ部門(ダンス)出演者の弟さんからの直筆イラストもいただきました。
プラナリア、覚えてくれたかなー?
d0064195_22331945.jpg


来場者のみなさんも含め、本当にありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
PY高槻~枚方~交野
終わりました、0泊3日枚方の旅。

昨日は標本処理やらで午前2時前までW田学芸員を居残りさせてしまいました…。この場を借りてお詫び致します。

ということで、久々の報告です。また追加訂正するつもりなので、暫しお待ちを。

とりあえず、3連休は3日とも、京阪電車と枚方市のレンタサイクル(試行中)“ひらリン”のお世話になりました。1日200円です。

今回は(今回も?)、普通の神経をもつ人間なら立ち入らないような場所も含まれています。場所によっては急流だったり底が泥質でじっとしていると足をとられることもあったりで、本当に危なかったです。
単にプラナリアを探しに行くだけなら、せめて田んぼ横の水路(田んぼではありません。水路です。ポイ捨てされた空き缶とかゴミの裏にいたりします)とか箕面川(警備さんに注意されかけたことはありますが…)とか城北わんど(環境実験により収穫は左右されますが…)にしておくべきです。
安全第一ですからね!充分気をつけて下さい。特に外来種はそのへんにもいてるものなんで、無理なさらぬよう。

船橋川_樟葉橋付近
アメリカナミウズムシ、アメリカツノウズムシ。

船橋川_大池付近
アメリカナミウズムシ。

穂谷川_穂谷川橋付近
※水が枯渇しており水生昆虫が多少確認された程度である為、要再調査。

穂谷川_尻屋橋付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_淀川流入部
アメリカツノウズムシ、アメリカナミウズムシ。

天野川_公園付近
アメリカナミウズムシ。

天野川_市大植物園付近
アメリカナミウズムシ、ウズムシの一種(ナミウズムシ?リュウキュウナミウズムシ?)。

淀川_枚方大橋付近
アメリカナミウズムシ。

※アメリカナミウズムシとなってる中にトウナンアジアウズムシが混ざってる可能性があります。また博物館に置き忘れてきたデータと標本を確認しておかないと・・

来週末はOCAT市民フェスティバルに出展するので再来週になりますが、月末はとりあえず三川合流付近の再調査やら寝屋川方面の調査を予定しています。
[PR]
PY箕面川
今日、箕面駅から姫岩までを1時間でクリアしました。
4地点の下見と採集をしながら歩いてです。

確実にプラナリアを見つけるコツが掴めてきたことを実感しました。少年がサワガニか何かを探していた一ノ橋以外は、1分以内に見つけれたので満足です。

8月の実地研修は箕面の予定です。

猛暑の真っ昼間でしたが、長靴越しに伝わってくる川の水の冷たさが心地よかったです♪
[PR]
ホームページを。
今朝も休日なのに5時起きです。
洗濯物を干してから今までずっと、プロジェクトYプラナリア班の公式ホームページの下書きを作っていました。

特に分布図…

なぜか数年前から作っている分布図が見つからないのです。
仕方がないのでフィールドノートから調べて・・・我が家には地図がありません。
そこで、中学校で使っていた社会科の地図帳を開いてみました。

ご想像通り、全く役に立たず、YAHOOのオンライン地図を動員。
そして設定しなおしても尚、キーボードの早打ちについてこれないこのノートパソコン。。。

で、肝心の分布図ですが、はっきり言って、私はillustratorに関しては超初心者です。
このため、プロットをうつことすらできず、最終的には既存の他の班のプロットをコピー&ペースト。・・・情けない社会人です。

とりあえず、今月中には完成させて公開したいと思っているので、よろしくお願いします。
[PR]