プラナリア(ウズムシ)に関わるあれこれ.
カテゴリ
リンク集
プロジェクトP◆公式HP
ぷろじぇくとPの公式
ホームページができました★
未だに作成中ですが。。

KABU
プラナリアグッズつくってみまし
た~。個人的には扁形動物の
マグカップが気に入ってます♪♪

裏生物部活動記。
プロジェクトP三重支部様々。
移転しまくりですが、大元を。

北里大学自然界部微小生物班
プロジェクトP青森支部様々。
微小生物班のページだけが
見当たらないのは、やはり
顕微鏡が必要なサイズの
フォントだからでしょうか…笑。

Gen-yu's Files
佐藤先生のHP。プラナリア情報
満載です。プラナリア以外の
情報も満載ですのでオススメ。

浦野動物病院
毒舌U野院長による、ホネホネ
団の活動記録など。

じゅにあのホームページ
ジュニア自然史クラブの紹介
ページ。実はこのブログも
リンクしていたり。

和田の鳥小屋
上から5項目目に
"ホネホネ団”
というのがあります。
見学者入団者ともに
まだまだ増加中です。

Green Note
ジュニア自然史クラブ
OB仲間であるH瀬氏の
お兄さまが経営されて
いる淡水水草・魚などの
お店です。少しマニアッ
クな、でもカワイイ
いきものがいっぱいの
アフターサービスも
しっかりした、ステキな
お店です♪♪しかも、
私の家から徒歩圏内。
いつもお世話になって
おりますm(__)m

プロジェクトY大和川
初代プロジェクトY。
市民参加型の
大和川水系調査グループ。

プロジェクトY淀川
2代目プロジェクトY。
市民参加型の
淀川水系調査グループ。
こっちにはプラナリア班として
参加させていただきました。


◆参加イベント◆

大阪自然史フェスティバル2009

前回の自然史フェスティバルの
詳細はこちらをご覧下さい。
C会場で水都OSAKAの延長みた
いなのをさせていただきました。
屋内での公開実験は、思うよう
に結果が出ず。。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長です。

水都OSAKA2009
大阪市立自然史博物館のブース
として出展しました。
この日のために巨大プラナリア
…ではなく、プラナリアのスタ
ンプを自作!!笑

かんさい自然フェスタ2008
大阪市立自然史博物館で
11/15・16に開催された
自然派(?)団体のイベントです。

サイエンスアゴラ2008
お台場の東京国際交流館で
11/22~24に開催された
科学系大型イベントです。
初の東京遠征でした。
ブースのタイトルは、
再現!プラナリア実験室!!
おふろねんどを使って、プラナ
リアの模型を作っていただく
ワークショップを開催しました。

OCAT市民フェスティバル2008
今年も気合を入れて出展させて
いただきます♪♪第3回にあたる
今年度は、9/20・21に開催され
ました。たくさんの方々のご来
場、ありがとうございました。

大阪自然史フェスティバル2006
大阪市立自然史博物館で
3/11・12に開催されました。
ちなみに、ポスターの
先頭にプラナリアがいます。
イラスト・デザインは
にしざわまきこ団長
(なにわホネホネ団)です。

市大医学部/第一解剖
・・・職場です。間違っても
学生ではありません。
ちなみに卒業生でもありま
せん。。
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
抱負。
お久しぶりです。

ところで10月3日、母校(柴島高校)にて高校時代と進路決定から現在に至るまでについて、ちょこっと講義(?)をさせていただいてきました。「文系→音楽系→福祉→保育(幼児教育ですが)→美術系→理系→医療」3年間で進路が変動しまくりだったので、話しきれませんでした。学校の先生は授業時間内に伝えたいことをまとめれるんやからスゴいと思いました。いつも通り自分のスキなことだけ話せば良いというわけではないので、難しかったです。でも、久々に柴高の空気を吸って、自分がやりたいこと・やるべきことについて考えさせられました。


いくらイベントに出ても、プラナリアを始める学生さんの数に変化がないのは悩みでした。(博物館での特別展は効果があったようですが。)


イベントで増えるのはプラナリアのファンだけ。私が狙う「地味な研究をやりたい人の後押し」にはなれてない。全く。それが迷いの原因でした。


実際にプラナリアの調査をされている方は、むしろ私のブログやホームページをご存知だという方が多いです。こんな中途半端やのに。


・・・ということで、mixiにアップしたここ近年の(非公開)や(友人まで公開)で眠っている日記、パソコンに眠っている画像を、ブログやホームページに貼り直し、恐ろしく見づらいホームページをなんとかしよう♪


私がまず最初にやるべきことはコレなんやと思います。最低限、それがマナーかと。


プラナリアの普及はA形研とS山さんにお任せしておけば間違いないというのが私の持論なので、引き続き私はでしゃばらずに続けていきます。


●今後の予定●
・ホームページのリニューアル
・Q&A専用メールアドレスの取得
・プラナリアを扱う生物部や調査団体の種別リンク一覧を作成・年度更新(みなさまご協力お願いします)
・採集データシートをエクセルで公開
・過去の活動記録記事をブログに集約
・ホームページ更新をPスタッフ全員が行えるようにする
・これができるまではイベントに出展しない。
・Pスタッフの学習プログラムを作成(論文を要訳して共有)
・展示における再生の魅せ方検討
・冷蔵庫不調により全滅したイベント用プラナリア株の再調整(数年かかったのに…泣)


(なんかS賀准教授のブログみたいになってしまったな…笑)
[PR]
by Project_P | 2012-10-08 08:01